RSS | ATOM | SEARCH
サンデー・ローズVol.167

167.JPG

 

 ピンクのバラを見ると、

 「ベルサイユのばら」のロザリーを思い出します。

 私の春風です( ^ω^ )

 

 ここで泣けるお話を・・・。

 

 あるピアニストから私の元に、その方の演奏CDが届けられました。誕生日プレゼントだそうで・・・。この場をお借りして、重ねて感謝申し上げます。まさか36歳になって誕生日プレゼント・・・いや、例えばコメントの書き込みのようなプレゼントは沢山いただいていますが、モノ(CD)を戴けるとは思ってもいなかったので、本当に嬉しく思っています。

 

 そのピアニストとは最近知り合ったばかりで、まだお互いのことをよく知らないのですが、それでも私を贔屓にしてくださっていて、体調を気遣ってくださったり、励ましてくださったり、いつもメッセージを戴いています。メッセージをやり取りする中で、「CDを送りたい」と言われました。そのときは「いえ、買います!」とお返事しましたが、それでも無償で譲っていただけて、ただただ恐縮するばかり・・・。

 

 どのような想いでプレゼントをくださったのか、もちろん真実はわかりませんが、想いを馳せることはできます。きっとピアニストの方は心が綺麗な方で、私と波長が合ったのだろうか、などと考えると、涙が止まりません。世の中にはこんな素敵なピアニストがいる、ということを知っただけでも、私はピアノをしていてよかったと思えます。

 

 と、ここまで長々と書きましたが、肝心のそのCDをまだ聴いていません。来年1月末の試験と2月上旬のピティナステップまでは大車輪の忙しさなので、ホッと一息つけるころに聴くことにして、お返事はお手紙をお送りしますね。本当にありがとうございました!

 

 あとは、そのピアニストの方がこの記事を見てくださいますように(笑)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 12:16
comments(0), -
あなたは「ヨハン・ネポムーク・フンメル」なる作曲家をご存知か?

 というわけで、コンサートから1か月以上経ってしまいましたが、「フンメル・ピアノ・トリオ・コンサート」の感想を書きたいと思います。が、その前に、皆さんは「フンメル」っていう作曲家をご存知ですか?私は名前だけしか知らず、どういう時代に生き、どういう曲を書いたのか、全く知りませんでした。というわけで、ここでご紹介させていただきたいので、プログラムより転載させていただきます。いいですよね、岳本恭治先生?(笑)

 

 ヨハン・ネポムーク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel・1778-1837)

 W.A.モーツァルトの数少ない内弟子の一人。現在のスロヴァキア出身の作曲家、ピアニスト。8歳でウィーンのモーツァルトの家に住込み2年間に渡りピアノを師事。1789年から父と共にヨーロッパ各地を巡演し、神童として喝采を浴びた。その後1804年、ハイドンの後任としてエステルハージ家宮廷楽長、1816年よりシュトゥットガルト、1819年よりワイマール宮廷の楽長を歴任する一方、作曲のみならず出版、演奏など活発な活動を展開してヨーロッパ最高の作曲家、ピアニストの一人に数えられ、ベートーヴェンと並び称される巨匠として音楽界に君臨した。シューベルト、メンデルスゾーン、チェルニー、ショパン、シューマン、リストらに影響を与えた。音楽市場の動向に敏感で、当時はまだ不十分だった著作権の確立のために奔走した。

 

 すげー!フンメルすげー!まずモーツァルトの内弟子だったことがスゲーでしょ、それにハイドンの後任としてエステルハージ家の宮廷楽長だったところなんて超スゲーでしょ、きっとお金に困らない人生を送ったのだろうよ、羨ましすぎます( ;∀;)

 

 ところで、↑の青字を読んでいて思ったんですけど、当時のベートーヴェンってどこまで売れっ子だったのか、私は自信がない・・・いやだって、オペラをヒットさせることが作曲家の地位を確立するという時代において、彼の唯一のオペラ「フィデリオ」は成功したとは言い難いし、そもそも当時、彼の一番のヒット作が「ウェリントンの勝利」だった(とされる)、という点も鑑みると、「実はロッシーニの方が凄くね?(当時の話ね)」と大竹氏は前々から思っていました( ゚Д゚)

 

 あ、話がそれてしまったけれど、その超売れっ子だったのかいまいち自信がない(しつこいけど当時の話ね)ベートーヴェンと並び称される巨匠として音楽会に君臨したフンメル大先生のピアノトリオ4曲を聴いてまいりました。これは美味しかった・・・所々モーツァルトっぽい感じしますね。でも、古典からロマンへの過渡期の真っ只中を生き抜いた人らしく、ロマンティシズム溢れるメロディーもちらほらと聴けました。特に、「協奏曲風大三重奏曲」の華やかさといったら!プログラムに書いてありますね、「ピアノ三重奏で演奏されるピアノ協奏曲である」と!(^^♪

 

 そんなわけで、ここで日本フンメル協会のホームページへのリンク(→こちら!)と、当日のピアノを担当された、日本フンメル協会会長の岳本恭治先生とのツーショット写真をパシャリ。

 

M1700052.JPG

 

 岳本先生、お疲れさまでした!

 

M1700051.JPG

 

 終演後の舞台。

 カワイ表参道「パウゼ」の内装です。

 オシャレなホール!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 15:05
comments(2), -
サンデー・ローズVol.166

166.JPG

 

 アイズ フォー・ユー? ファイナルファンタジーVIIIに「Eyes on Me」っていう曲ありますけど、どういう意味なんでしょうね?この曲、当時テレビCMでバンバン流れていたっけなぁ、懐かしいなぁ・・・

 

 ブログを更新できず、日が経ってしまいました。大竹氏の動静を簡単に少し。

 

【銀座で食事】

 先週の土曜日、Piano Circle Salonで知り合った女性2人と、銀座で食事しました。注文したはずの料理よりも豪華な料理が振る舞われ、帰りがけに「注文した料理と違うんですけど」→「失礼しました、お値段はそのままで」というコンボを繰り広げ、一人当たり3,000円ほどトクしちゃいました。いやぁ、お店には申し訳ないけれど、私ってツイてるなぁ〜?

 

【第9回サロン】

 昨日の土曜日、サロンでした。大竹氏は体調が絶不調で、ほとんど何も喋れずに黙ってうつむいていました。が、昨日は天才少女2人が天才ぶりを繰り広げていて、参加してよかったなぁって思いました。24歳の天才さん、「ブログやってるんですかぁ?」って言ってくれてありがとう、もし見てくださっていたら何かコメント頂きたいですね。こちらの体調が悪くて、ほとんどしゃべる機会はなかったけれど、またお会いしたいです(^^♪ もちろん、お誘いしたもう1人の天才も!(^◇^)

 

【出版社でのインタビュー】

 サロンの前日の夜、とある出版社でインタビューを受けるために日本橋へ行きました。なんでも、統合失調症を研究されているらしく、その代表として私に白羽の矢が立った、ということでしょうか。1時間30分のインタビューで、謝礼2万円も貰っちゃって、「え?もしかして俺の言葉ってカネ取れるんじゃね?( ゚Д゚)」と、勘違いもはなはだしいことを考えたりとかして、楽しいひとときでした。インタビューの模様は、数か月後に出版社のホームページにアップされますので、またこのブログでご連絡いたしますね。

 

【来年1月の試験に向けて勉強中】

 実はいま、ある資格の勉強をしている最中です。そのため、平日はブログをお休みさせて頂いています。勉強自体は楽しいのですが、ピアノの練習時間がほぼ無くなってしまいました。でも、1月の試験が終わって、来年のエリーゼコンクールに向けてまた曲を練習しますよ、頑張りますよ。

 

【来年2月の地元ステップ】

 2月は、毎年恒例の地元のピティナステップです。ステップを受けるのは今回が5回目なので継続表彰を貰えますね!(^^♪ 曲目は当然ドラゴンクエストシリーズから弾くのですが、この曲は楽しい。っていうか懐かしい。練習時間はほぼ無くなってしまったけれど、少しずつ練習していきます。ステップの動画は、こちらのブログでアップロード予定です。お楽しみに!

 

【お詫び】

 「エリーゼコンクールの演奏動画はないのですか?」と、ある方々から問い合わせがあったのですが、ごめんなさいありません!三脚を銀座まで持って行くのが大変なんですよ重くて。いや、コンクールは非常にいい出来だったので、ぜひ動画を撮りたかったのです。来年コンクールの機会があれば、頑張って撮りますね!

 

 そんなわけで、大車輪の忙しさ?ですが、23日の勤労感謝の日に、更新したい出来事があるので、お楽しみに・・・「フンメル・ピアノ・トリオ」コンサートの感想です!(; ・`д・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 11:34
comments(2), -
祝・大竹真人生誕36周年&ブログ生誕4周年!

おおたけは レベル36になった!

イオナズンを おぼえた!

おめでとう! かのじょいないれき = ねんれい!

 

 もう30代も後半になってしまうました(-_-) アラ40ということになってしまうました。無駄に年だけ取ってる感じがしますが、無事に働けて、無事にピアノが弾けて、コンクールで賞も頂けるのですから、少しは成長したのではないでしょうか・・・と、自分で自分を慰めています。略して自慰です( ゚Д゚)

 

 さて、誕生日恒例、最初にアップロードした4年前の動画と、今現在を比べてみるコーナーです。まずは4年前の、記念すべき動画番号0001をどうぞ!

 

 

↑「もうやめて!とっくに大竹氏のライフは0よ!」( ;∀;)

 

↓そして 4ねんのつきひが たった!

(てーれーれってっ てーれーれー)

 

 

 なんかね、この4年後の動画、とても気に入っていて(笑)、繰り返しの後の演奏がとても好き。気分が高揚してるなぁという感じが演奏に表れていて、あぁ、手や腕の使い方というか弾き方はなってないかもしれないけど、演奏はレベルアップしてるなぁと思うのです。惜しいのは、ピアノの上に「みーちゃん(2・3年くらい前?によく登場していた猫のぬいぐるみ)」を乗せるの忘れちゃったことですね。今でもみーちゃんは私のお友達です('Д')

 

 というわけで、36歳になっても、ブログが4周年を迎えても、これからも変わらずに生きていこうと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

追記:

 

 11月12日(日)のサンデー・ローズもお休みします。というかしました( ゚Д゚) この記事しばらく残しておいて、誕生日を祝ってほしくってね。いくつになっても祝ってくださるのは嬉しいですから、もしお暇があれば、心の中でもいいので、「おめでとう」って(^^♪

author:大竹真人, category:日常, 21:18
comments(20), -
エリーゼコンクール本選・結果

 

皆さまの応援、届きました!

ありがとうございました(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

11月5日のサンデー・ローズ、お休みします。

コンクール、つ、つつつつ疲れました!(-_-)

頑張ったよぉぉぉぉぉぉ

author:大竹真人, category:エリーゼコンクール, 13:10
comments(16), -