December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ありがとう…ございました、お世話になりました…」

 ブログを辞めるわけではなく、身の上の話です(^▽^;)

 お世話になった、憧れの女性の前で号泣した話。

 

 終わった今だから話せますが、ここ3か月間、スイミングに通っていました。今日がラスト・スイミングでした。「なぜスイミングを?」と問われれば、「仕事に就けるほどの体力をつけたかったから」+「憧れのピアニストである小原孝先生がスイミングをなさっているから」=「スイミングで体力をつければ、小原先生のようにバリバリ仕事できるかなぁという憧れ」の元に、スイミングを始めました。

 実は、十何年も昔から「いつかはスイミングを」と夢見ていました。病気のせいもあり踏ん切りがつきませんでしたが、CFP試験が終わって、「これは絶対に合格してる!」と確信があったので、CFP試験の翌月(7月)から始めたのです。しかし、通い始めた途端に母が「横紋筋融解症+急性腎不全」でICU(救急治療室)生活になり、スイミングどころではなくなったのですが、苦しい想いをしながらなんとか両立させて、ここまでやってきました。ですが、母が退院し、自宅で介護しなければならなくなった今、どうしても両立させることは困難と判断し、3か月間という短い期間で退会を決意しました。

 

 スイミングの先生には辞めることをすでに伝えてあったので、「今日が最後、なんと声を掛けよう」などと迷いながらスイミングに向かったら、急病だったらしく、会えることはできませんでした。もちろん人間ですから、いつも体調が万全というわけにはいかず、休まれることもあるでしょう。でも、最後の最後に会えなかったのは今でも寂しく、「3か月間、ありがとうございました」と一言、お伝えできなかったことが悔やまれて仕方がありません。

 

 もうおひとり、お世話になったスタッフの方がいました。年上の美人(可愛い系)のお姉さんです。施設の利用方法など丁寧に教えてくださり、美人にめっぽう弱い大竹氏はつい、「よかったらお名前を教えて頂けないでしょうか?」と声を掛けて、「M、と申します」と戴き、「Mさんですね、今後ともよろしくお願いします(^^)」とお話しし、会話が終了しました。その後、スイミングを続け、「いやぁMさん、クロールの息継ぎがどうしてもうまくいきませんねぇ」「大竹さん、頑張ってください!」「ありがとうござ・・・あれ、なぜ私の名前をご存じなのですか?」そう、私は自分の名前を名乗るのをすっかり忘れていたのに、Mさんは私の名前を知っていた・・・「えーとー、誰かから聞いたんです!」「誰か?w」・・・これ以上つっこむのも無粋なので、「私の名前、憶えてくださって嬉しいです!(^^)/」と返しました。

 

 きちんと書いておくと、Mさんに恋心を抱いていたわけでは決してなく、優しくて仕事がテキパキできて、いつもニコニコしている1人のお姉さんとして、「尊敬の眼差し」で彼女のことを見ていました。でも、それももうお終い。最後に、きちんと「お世話になりました」と声を掛けよう、でも彼女にもスタッフ業があるから端的に話そうと思って、Mさんがお手透きのときを見計らって、「Mさん、お話ししてもいいですか?」と声を掛けたら「はい、どうぞ!」・・・か、かわいい。「実は、本日をもってスイミングを退会することになりました」「えぇぇぇ!(のけぞるポーズ)」・・・か、かわいいw その後は端的に、3か月間という短い時間だったけど楽しかったこと、急病で休まれたスイミングの先生によろしく伝えてほしいこと、そして最後に、Mさんに会えてよかった・・・とお話ししました。・・・が、会話の最後の方はどうしても涙で声が出ず、あれほど涙は流すまいと自分に誓ったのに、やはりお別れするのは寂しすぎて・・・それを見たMさんは「またいつでもいらしてください、私はずっとここにいますから(ニッコリ)」とお声をくださいました。

 

 嗚呼、書きたいことは山ほどあるのです。思い出を挙げればキリがありません。どれも忘れ難く大切な思い出です。この記事のタイトルである、「ありがとう…ございました、お世話になりました…」は、涙を流しながらMさんに伝えた、私からの最後の言葉です。本当は笑顔でお別れしたかった・・・。だから、せめてこの場で、笑顔でお別れを!

 

 Mさん、スイミングの先生、スタッフの皆さま、レッスンでご一緒だった皆さま、ありがとうございました!(^^♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

pagetop