RSS | ATOM | SEARCH
統合失調症強化月間!その6「仕事について」

Q.入院後、会社はどうされましたか?

 

大竹:入院して、退院した頃には(会社を)もう辞めていたと思います。はい。あの、その時の記憶はあまりないんですけど、たぶん会社側からもう雇えないというふうに言われたと思います。はい。 そのあとは、小規模作業所っていうんですかね、私あまり制度のこと詳しくないんですけれども作業所に通っていて、それが3年ぐらい通っていたんですけれども。えっとー、25〜6(歳)の時ですかね。はい。

(作業所は)えっとー、そこは確か市役所の紹介だったと思うんですね。でー、ま、実家から通える作業所があるか聞いたら、ここがあるからちょっと行ってみたらってことで、そこにちょっと通い始めることになりました。 えっと、たぶん、その作業所は直接は今にはつながっていないと思うんです。あの、実はあまり居心地が良くなかったと、自分では思っているんですけども。ほんとに、ただ通っていただけというか、そんな感じでしたね。 まあ、作業所に通って辞めました。で、えっと、そのあとに、就労移行支援事業所に通って、で、いったん、また再就職したんですね、他の企業に。で、そこもちょっと9か月で辞めてしまって、その後にピアノを買ったんですね。はい。まあその時の、働いていたお金もあったので、ま、そのお金を使ってピアノを買って、で、ピアノを習い始めて症状が良くなりました。で、また就職したいと思い始めました。 で、就労移行支援事業所に通って、今の仕事を見つけて、ま、症状も落ち着いて、今に至ると(いう)感じですね。はい。

(就労移行支援事業所は)自分で見つけました。はい。パソコン見ながら、あの、就職状況が良い所とか、あと、定着率が良い所とか、そういった情報(が)載っているのでちゃんと企業のホームページに、それを参考にしながらちょっと通い始めました。

 

就労移行支援事業所:一般就労を希望する障害者に、知識および能力の向上のために必要な訓練や準備、就職活動支援および就職後の職場定着支援を行う事業所。支援を受けるためには行政が発行する福祉サービス受給者証が必要。

 

Q.働く上で気をつけていることは?

 

大竹:ま、さっきお話した規則正しい生活を送れるってことはもちろんなんですけれどもやっぱり、こう、働く上において、基本的な、えっと職場の方々に対するマナーとか、あとは、体調維持することとか、ま、気をつけてることはいっぱいあるんですけれども、ま、その2つですかね。はい。

(マナーについては)やはり訓練(を)受けたこともありますし、なんでしょうね、自分の個人的には、社会スキルって全然ないと思ってて、自信ないんですねやっぱり。で、こう、ま、訓練を受けるに当たって、自信のつけ方とか、まあ、精神のもってき方、例えば、落ち込んでいた時にどうしようとか、そういった、ビジネススキルというよりは、むしろ生活していく上で気をつけていくようなスキル方法を見つけたという感じですね。はい。

 

Q.精神障害をお持ちの方が就労するために必要なことは?

 

大竹:やはり、自信を持てるものを持つことが、ま、必要だと思うんですね。あの、たぶん障害者、私も含めて障害者、特に当時の私は、自分にこれといったものが(を)持ってなくて、常に自信がなかったっていう生活だったんですね。 でー、まあピアノに出会えて、自信を持てるようになって、いろんなことにチャレンジできたってことを考えるとやっぱり何か1つ、その人に合った自信を持てるものとか、こと?趣味でもなんでもいいんですけれども、そういったものが持てることがまず重要かなと思いますね。はい。

 

 偉そうである。むしろ私がアドバイスを受けたいのである(笑)「どうしたら彼女ができますか〜冬〜」的な何か( ;∀;)

 青文字が長いので、黒文字(ツッコミ)は最小限に抑えたいのである!のでこの辺で!ヽ(`Д´)ノボッキアゲ!!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

author:大竹真人, category:日常, 13:53
comments(4), -
Comment
いやぁ、よく今の状況まで建て直しましたねぇ。
今の状況にたどり着いた事自体にも、自信を持てるんじゃないでしょうか。
モル作, 2018/02/24 6:39 PM
>モル作さん

ありがとうございます(^^♪
22歳で発症して現在36歳なので、
ここまで来るのに14年かかった計算になります。
14年ですよ・・・(´Д`)ハァ…

どうしても自分を過小評価してしまうところがあり、
常に自信ない人生を送ってきましたが、
FP2級は絶対に一発合格できると信じているので(笑)、
徐々に自信の持てる範囲を拡大していきたいなぁって思います(^^♪
大竹真人, 2018/02/25 12:44 PM
ああ、、、作業所ってお給金もほとんど出なくって、むしろお金を払って働く感じとか聞いたことがあります。。。いや、場所によって違うのかもしれませんが。

別に全然偉そうじゃないですよ??
卿が御自身の経験を通じて至ったお考えを真摯に語っておられて、力強さが感じられます!大丈夫大丈夫!
くだダヰナ, 2018/03/20 7:01 PM
>くださま

いや、そのご認識でほぼ正解だと思います!
昔、作業所の月給が800円とかだったことありますから。
時給ではなく月給が800円ですよ(笑)
こんなんでどうしろというのか・・・( ;∀;)

場所によったら、もしかしたら登録料が掛かるところもあるかもしれませんね。
そういう作業所は、地方公共団体からの補助金で運営されている場合がほとんどですが、
どこも「お金が足りない」と嘆いていて、その分、利用者のお給料も悲しいことになります。
障害者は生きづらいです、これは確かですね。

真摯ですか!ありがとうございます(^^♪
私、名前が「真人」なので、「真摯」とか「真っすぐ」な人間なんです!うへへw
大竹真人, 2018/03/21 5:03 AM