RSS | ATOM | SEARCH
統合失調症強化月間!その3「精神科受診の経緯」

Q.受診に際し、どのような症状が出たのでしょうか

 

大竹:はい、えっとー、22歳の時だったと記憶しているんですが。えっと大学を卒業して、新卒で入った会社で発症したのは、え、憶えてますね。で、症状としては、えっとー、上司から叱責されたことによる恐怖感と、あと、幻聴ですね。えっと、例えば、周りに何も聞こえてないのに、上司から厳しいことを言われてるような気がするとか、あとお客様から、叱責をされたような気がするだとか、そういう(ふうに)、聞こえてしまうんです、どうしても。そういった症状が出てきましたね、はい。
えっと……新卒で4月1日から入ったんですけども、だいたい2〜3か月ぐらい経ってから『調子が悪いな』と気づき始めて。で、1か月ぐらい様子見たんですけど治らないので、入社してから4か月ほど経って、病院を受診しました。はい。
(状況を)えっとー、受け止めてきたと言うか、その、不安なほうが大きかったんですよ、やっぱり。なんでこうなってしまったんだろう(と)。あのー、身に覚えがないので、やっぱり、幻聴とか特に。なので、不安のほうが大きかったですね。はい。

 

Q.受診先はどのような経緯で知りましたか

 

大竹:自分でインターネットで調べて、はい。精神科の病院はどこだろうなーと探したら、まあ、たまたまいい病院があったのでそこにちょっと受診することになりました。
あの、当時、単身で生活しておりまして、で、そのー、単身生活していた所から近くの所を探したら、一軒、良い所があったんで、そこをちょっと受診しました。はい。
あのー、パソコンを使う仕事をしてたので、パソコンを使うことは別になんともなかったですし。(パソコンができないほど)そこまでひどくはなかった、と、今思えば、そう思うかも知れない。でもね、その当時としてはやっぱり、辛かったですね。はい。
(通院先は)あ、同じ所です。はい。先生と折り合いもいいですし、まあ、そこの病院が、千葉県の中でも、有数の、大きな病院、その精神科の専門病院なので、これ以上の病院は近辺にはないのではないかなと思ってずっとそこですね。はい。

 

Q.受診時に医師からどのように説明されたのでしょうか

 

大竹:えっとその時は統合失調症とはまだ、あのー、診断は確定されてなくてですね、えっとま、うつ状態ということで、1〜2か月ほど病院に通ったんですけれども、症状が良くならなかったので、まあちょっと入院してみようということで、はい。

 

Q.自身の病気が統合失調症と知ったのはいつでしょうか

 

大竹:会社にその診断書を提出するんですけども、その時の『病名』っていう欄に初めは『うつ状態』と書かれていたんですけども、2回目に出す時に『統合失調症』と書かれていたので、そこで把握しました。はい。

 

 

・・・・(血涙)・・・。

 

生々しすぎるのである(´Д`)

 

続く!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

author:大竹真人, category:日常, 08:10
comments(4), -
Comment
ほぅ、大変でしたねぇ。
今こうしてピアノ弾いたり仕事復活して暮らせてるまで這い上がれて、良かったですな。
ちょっとずつ、良いサイクルに乗れて来てるわけですからねー。
モル作, 2018/02/07 10:37 PM
>モル作さま

超大変、死ぬほど大変でした。
当時のことを思い出したくないほど大変でした。
大変というか変大でした( ;∀;)
まさにキチガイでしたので・・・

今は今で、大変なこともたくさんあるのですが、
(文字だけでは伝えられない障害者の大変さ、というのもあるのです)
モル作さんのおっしゃる通り、ピアノ弾いたり仕事復活できたりしたので、
ある程度は回復できたかなぁと思います!
あとはどこまで回復することができるか、這い上がってみせますよ!(^^♪
大竹真人, 2018/02/08 8:03 AM
これだけ当時を客観的に語れるということが、回復されて冷静でおられるということなんだなあと。
本当に大変だったと思います。
自分もアスペルガーなのでわかる部分ありますが、精神的な部分は、表現するのも理解を得るのも難しいですね。
それを状況を含めて正直に冷静に語られていると思いました。

ゆきなぎ, 2018/02/08 2:38 PM
>ゆきなぎさま

ありがとうございます!
自分は熱くなってしまうところがあり、冷静さからは程遠いなぁと感じていますが、
こうして客観的な評価をいただけて、とても嬉しいです。

というか、私の目線から見ると、
ゆきなぎさんのほうがいつも冷静で羨ましいと思っています!(笑)
でも、私が冷静でいると、それはもう「私」ではない気がするので、
このままの性格で突っ走っていきたいと思います。
それが、「自分を愛する」、ということなのでしょうから(^^♪
大竹真人, 2018/02/09 6:08 PM