RSS | ATOM | SEARCH
さようなら、おばあちゃん

私のことを「ハンサムね…」

と言ってくれたおばあちゃんの家が、

取り壊されてゆく・・・

 

あの土地には誰が住むのだろう。

良い人だといいな。

 

また新たな時代が始まる。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 05:22
comments(2), -
Comment
家が壊されていくのって、悲しいですよね。
私がひとり暮らしをしている時に、家が建て替えで、帰った時には前の家がなくなってて、それだけでも淋しかったです。

普段あまり意識しないけど、家には思い出がいっぱいつまっているんですよね。
くらぽん, 2018/01/20 10:30 AM
>くらぽんさま

家屋も人生と同じですよね。
いつかはお別れのときが来るのですね。

くらぽんさんはひとり暮らしの経験があるのですね。
私もあるのですが、前後左右がアパートだったので、
家が壊されるという経験は今回が初めてです。
毎日少しずつ壊されていく様は、見ていてなかなか辛いものがあります。

家には思い出がいっぱい詰まってる、本当にそうですよね。
私たちは人生の大半を家で過ごしているのですから・・・(^^♪
大竹真人, 2018/01/20 7:30 PM