RSS | ATOM | SEARCH
ジャン=イヴ・ティボーデ(Pf)のサン=サーンス「ピアノ協奏曲第5番」

 ここはピアノのブログなので、誰が何と言おうとピアノのブログなので、たまにはピアノの話を聞いてくれたまえよ。昨日の夜7時から、NHK交響楽団の定期演奏会がラジオで生中継されました。メインはストラヴィンスキーの「火の鳥(1910年版)」だったのですが、前半のジャン=イヴ・ティボーデ(Jean-Yves Thibaudet)のピアノ独奏(指揮はシャルル・デュトワ)による、サン=サーンスの5番のコンチェルトが素晴らしすぎてムネアツでした。

 

 この曲、私がまだ新日本フィルの定期会員だったころにナマで聴いたことがありますが、ピアニスティックでかっこよすぎる曲です。感動したので、YouTubeでまた聴こうかなぁと思っていたら、昨日のソリスト、ティボーデさんの演奏でこの曲があったので、お暇な方へ向けてこの動画をご紹介します。

 

 

 30分弱ある演奏時間ですが、お暇な方は、ながら聴きでいいので最後までぜひ聴いてみてください。第2楽章のエジプト風な響きとか、第3楽章のフィナーレのあっけらかん具合など、どれをとっても秀逸です(笑)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 09:10
comments(2), -
Comment
調べてみたらサン=サーンスってこんなつづりだったんですね。eにチョンチョン!あと、顔がなんかジュゼッペ・ヴェルディに似てないですか?ww
 
ピアノキラキラしてますね〜

第2楽章 たしかにエジプトw これは好みかもですww でも中盤はめっちゃ穏やか〜

第3楽章 一瞬暗いのかと思いきや、めっちゃ速くてワチャワチャしてて楽しいですねw 指揮者がいたずらっぽい顔で踊ってて超楽しそうっすねww ピアノもめっちゃ忙しいけど、こんなん弾けたら楽しいでしょうねぇ!

や〜楽しい動画でしたw ありがとうございます!
くだダヰナ, 2017/12/20 10:55 PM
>くださま

サン=サーンスのサンは、Saint、そう!聖闘士星矢だったのです!(ズコーっ)
そういえば今日はクリスマスイブですが、
サンタクロースのサンは、Saintなのでしょうか?
サン・タクロース?w 調べてみよう・・・ちーん
Santa Claus・・・なんだツマンナイの(^◇^)

サンさんのこの曲、実は通称「エジプト風」と呼ばれることもあり、
新日本フィルで聴いてきたときはプログラムにも「エジプト風」と書いてありました。
第2楽章のエキゾチックな雰囲気は、当時の人々には新鮮に映ったでしょうね(^^♪

このブログは音楽のブログなのでw
いい音楽を見つけたらバシバシご紹介していきますよ(・ω・)ノ
大竹真人, 2017/12/24 8:49 AM