RSS | ATOM | SEARCH
サンデー・ローズVol.163

163.JPG

 

 ↑「エドガー ドガ」というバラだそうです。咲き乱れている感じのするバラですね(^^♪

 

 昨日の記事、反省しなければなりません。つまり、「私はこんなに不安に思ってるんだよぉわかってくれよぉ」という弱さの表れだと思います。弱いだけならまだよいものの、「私って実はこんなに心が綺麗なんですよぉ凄いでしょぉ」という自慢にも聞こえるという、重度の精神病にありがちなパターンを引きずっていますね。この場を借りて大いに反省いたします。

 

 ここからが大切で、「なぜ私はそう思ったのだろう?」「どうしたら不安を楽しみに昇華できるだろう」と考えて、「もっとピアノを楽しみたいな」とか「ピアノから生まれた友人をもっと大切にしたいな」と、楽しいことを考えられたら、精神病のトンネルから抜けられる入り口に入ることができるのである、と、さっき読んだ本にそう書いてありました。後は実践あるのみですよね。もし、いま精神病に悩まれている人がいて、指針を見失っている方がいらっしゃったら、いま書いてみたことを参考にしてみてくださいね。

 

 コンサートは次の土曜日ですが、エリーゼコンクール本選は11月3日です。もう1か月を切っていますので、また近いうちに告知を出しますね。いま、ピアノを弾くことが本当に楽しいんですよ。もちろん、緊張もしますし演奏もヘタ、しかも練習が嫌いですけど(笑)

 

 今日は1日OFF!

 ゆっくり充電!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 05:48
comments(6), -
Comment
自慢に聞こえるのは、精神病になったことのない人や辛さを理解しようとしない人でしょう。
なったことのある人や理解しようとする人は、大丈夫かなと心配するはずです。
本当に辛いのですから、吐き出せる場所があるのなら吐き出したほうが良いと思います・・・。
昨日の文章、読んでいて私は嫌な気持ちにはなりませんでした。
どうせ私はとか、私は〇○だからと卑下した悲劇のヒロイン文章は嫌ですが、大竹さんの文章、落ち込んでいても冷静さを保てているので、書きたいことは気にせずに書いても大丈夫ですよ。
くらぽん, 2017/10/08 11:56 AM
>くらぽんさま

ありがとうございます、理解してくださってとても嬉しいです。
世の中の大多数は精神病になったことない人ですし、
精神病になったことがない人が精神病を理解するのも、とても難しいことだと思うので、
どうしても私は身構えてしまいます。
身構えた結果、病院への入院だったり自宅への引きこもりでしょうね。
私はそれからは頑張って脱していますが、モノの考え方は以前とあまり変わりません。

こうしてブログに吐き出すことが自分にとっていいことなのか私にはわかりませんが、
ブログに頼っても頼らなくても、適度に息を抜けたらいいなぁ思っています。
悲劇のヒロインについてはまったくの同意見です、そうならないように気を付けたいです。

冷静さを保てているのは、自室でひとりでいるからかもしれませんね(笑)
ひとりでクラシックを聴くと冷静になれますね。
いつまでも音楽とともにある人生、自分で言うのもなんですが、素晴らしいと思います(^^♪
大竹真人, 2017/10/08 2:17 PM
私はピアノつかず離れずだったけど、いまこうしてみると一生そばにいたように思います。
やりたいこととかの一番じゃなかったんだけどね(笑)
で、音楽が好きかと聞かれたら、日常では音楽を好んで聞かないし、むしろ音楽から遠ざかりたいときも有ったり笑。
じゃあ、なんでずっとピアノとともにいたのかと考えると、ピアノ弾くのが好きなんだと思う。
それと、苦しんで練習して発表した時の「終わった!」感が幸せ(一瞬だけど^^;)。
コンサートやコンクールが控えていらっしゃるようですが、その後の打ち上げや自分にご褒美など、大竹さんに女神の微笑みがまってますよ〜
レディピアノ, 2017/10/08 7:53 PM
>レディピアノさま

ピアノが一生そばにいてくれるって、とても素敵な人生だなぁと思います(^^♪
私は子供のころはファミコンに囲まれていましたが、今はそれもなくなってしまいました。
そう考えると、子供のころから今まで付かず離れずだったものは、
何一つないのかもしれません。あ、机か!?(笑)

私、ピアノが好きかと言われたら微妙ですよ。
ピアノのコンサートはあまり行かないし、普段聴くのはオケばかりだし、
ピアノだって長くても最大2時間しか練習したくないし(練習嫌いだからw)
でも、そういう付かず離れずだから疲れずにずっとここまで来られたのかも!
で、たまに恋人になってコンサートで一緒になって、終わって別れてまた振り出し?(笑)

ピアノはつかず離れずでいいのですが、
ずっと一緒にいてくれる女神さまのような人に出会いたいですぅ〜(*´з`)
レディピアノさんも、たまにでいいので見守ってっくださいね(^^♪
大竹真人, 2017/10/09 9:15 AM
エドガー・ドガって素敵な名前のバラですね。
ドガといえば踊り子をたくさん描いた画家ですね。

写真で見ると女性的な感じのする花なので
この花はドガ本人というより、
ドガが描いた女の子たちに似ている気がします。

難しいことはあえて書きませんが
綺麗なお花を毎週ブログに載せて
みんなの目を楽しませているって素敵なことですよ。
私はいつも楽しんでいます。ありがとう☆
やぢま, 2017/10/09 7:27 PM
>やぢまさま

難しいことは書かないでくださいよぅ、私バカなので理解できませんから(笑)

ドガっていう画家がいるんですね、知りませんでした。
エドガーといえばファイナルファンタジー6でしょう、
としか考えられない単なるゲームバカの私でした(^◇^)

京成バラ園のベルばらシリーズを見て思いましたが、
確かに女性的なバラと男性的なバラ、違いがありますよね。
やぢまさんが仰るように、このバラは華やかな女性っぽい感じですね。
マーニャをバラで表すとこんな感じになるのでしょうか?w

サンデー・ローズ、いつまで続くかわかりませんが、
写真がある限り続けていきますよ!
これからもご愛顧くださいね!(^^♪
大竹真人, 2017/10/11 6:54 PM