精神障害者が贈る、すべての「内向的なお仲間」へ向けて綴るクラシック音楽ブログです。
Profile
Search this site.
エリーゼ音楽祭コンクール
エリーゼコンクール審査員特別賞!
エリーゼコンクールで審査員特別賞を戴きました!
こころの元気+ 表紙モデル
雑誌モデルになりました!
雑誌インタビュー
20180201_1635285.jpg
統合失調症について語るインタビュー動画です。
ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
Others
<< 弾き合い会の参加者募集を締め切りました! | main | バレエ・ドラゴンクエストを観に行く・その3 >>
0253クレメンティ作曲「ソナチネ Op.36-1・第3楽章」(バスティン・ピアノ名曲集第2巻より)

 

 やけに牧歌的ですね、弾く速度のせいだと思います。この曲、全音のソナチネアルバムとかいう楽譜を見ると、「できるだけ早く弾くように」と書いてあった気がするのですが(立ち読みしました)、早く弾くと指がもつれるんですよ。実に古典的な嫌がらせだと思います。あまり練習になってない気がするけど、まぁいいの、この牧歌的なテンポが好きです。

 

 まぁ、そんな感じですかね。

 

 ・・・通常営業になると、急に面白くなくなるこのブログです( ゚Д゚)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

| バスティン・ピアノ名曲集第2巻(進行中) | 18:29 | comments(6) | - | このページのトップへ
母と一緒に聴いていたら
「これ弾いたことある〜」と母が興奮してました(・▽・)
ソナチネ ほっとするような曲が多いですよね♪
速度をかえると違った曲にに聞こえたり
これまた面白いですね(>▽<)

今日はメチャンコ暑いですから 体調に気をつけて〜
| いもコン | 2017/07/08 11:31 AM |
>いもコンさま

まぁ!お母さまも読者なのね!(≧∇≦)
とても感謝しています。・・・もう変な記事は書けなくなりますね(笑)

古典的な形式美っていうんでしょうか、
好きな人には心にピタッとハマる感じがして好きですね。
バッハやモーツァルトが癒される、ってこんな感じなのでしょうね。
モーツァルトさんはクレメンティさんのことを、
「ピアノの技術はあるけど、それだけ」と切り捨てたとか(笑)
でもベートーヴェン先生は、「モーツァルトよりもクレちゃんの方が曲自体は素敵」
と言ったとか( ゚Д゚)
人の評価って、本当に人それぞれですね。
あ、私はいもコンさんのことを、心の綺麗な美しい女性、っていう意識ですよ(^^♪

いもコンさんも熱中症には気を付けてくださいね!
| 大竹真人 | 2017/07/08 12:35 PM |
ふおお、これが第3楽章ですか!(遅くなりました!)

>「できるだけ早く弾くように」と書いてあった気がするのですが(立ち読みしました)、早く弾くと指がもつれるんですよ。実に古典的な嫌がらせだと思います。

古典的な嫌がらせwww たしかにw
自分は、もっと遅くでもとても弾ける気がしません!

たしかに3つのうちで一番牧歌的な雰囲気かもですね!
1が官僚さんの出勤で、2が昼休みで、3は雨上がりの帰り道にお花畑にGO〜!みたいな映像が浮かびましたw
| くだダヰナ | 2017/07/12 1:12 AM |
>くださま

こちらこそ遅くなってスミマセン!
第3楽章は、早く弾いてナンボみたいな曲だと思うのですが、
私が早く弾けないだけで、これは悪い見本みたいなものです!( ゚Д゚)
良い子のみんなはマネしちゃいけません!(^◇^)
牧歌的に聴こえるのも、見本が悪いからです(笑)
本当はこれノリノリな曲なんですよ、東音企画щ(゚Д゚щ)カモーン!!

https://www.youtube.com/watch?v=skgz19IN5YM

これくらいカッチリ弾けるようになりたいでふ(´・ω・`)

あと、官僚的なソナチネの「官僚的」っていう部分にはそれほど意味はなくて、
というかサティが名付けた曲名のほとんどに意味はなくて、
ようは聴き手が曲名から受ける先入観への挑戦、みたいな感じでしょうね(^^♪
| 大竹真人 | 2017/07/15 10:04 AM |
ゆっくり弾いても、いい曲ですね、これ。
もとからこんな曲かと思ってしまいます。

古典的な嫌がらせ、ウケましたww
古典を弾くたび、それにハマります。
今も、なんでこんなところで転ぶのか、と思いつつ練習中です。
| ゆきなぎ | 2017/07/15 10:43 AM |
>ゆきなぎさま

いい曲ですよね。
いもコンさんへの返信にも書きましたが、「古典的な形式美」が、
私たちの心にピタッとハマるのかもしれませんね。

古典的な嫌がらせ、そんなにウケました?w
ウケを狙ったつもりは全然なくて、
ただ古典の曲だったので古典的な嫌がらせって書いただけでした。
これが現代曲だったら、・・・「新手の嫌がらせ」?うーむ、これはウケないw

バスティンのピアノ名曲集第2巻には、古典の曲として、
ベートーヴェンのヘ長調のソナチネが入っています。
どう見てもクレメンティより難しいので、チャレンジする日が楽しみです(^^♪
| 大竹真人 | 2017/07/15 6:25 PM |
コメントする