RSS | ATOM | SEARCH
サンデー・ローズVol.149

M1160231.JPG

 

弾き合い会・残席3名です!

 

さっそくおひとり、参加をしてくださる方が!ありがとうございます(^^♪ そしてもうおひとりは現在検討中とのことで、その方の分も勘案すると、残席はあと3名となります。早い者勝ちなので、お早めにどうぞ!ただ、いきなり弾き合い会といっても、わからないことや緊張することも多いと思うので、ここで簡単な質問と回答を載せていきます。

 

Q:わたし、ピアノが下手なんですけど・・・

A:そんなこと言ったら大竹氏はド下手なので、私は参加できませんね(笑)キャリアは問いません、ピアノが好きであればぜひぜひ!

 

Q:クラシックのことはわからなくて・・・

A:いえ、私もドラクエとか弾きますし、ポピュラー、ゲーム、映画音楽など、なんでも大歓迎ですよ。クラシックでも、そうでなくても、ピアノを愛する心があれば、ジャンルは問いません!

 

Q:2か月先のスケジュールがまだわからなくて・・・

A:わからなくとも、「参加したい!」と思っていらっしゃるのであれば、仮登録という形で受け付けます。もし当日、予定が入ってしまったらご一報くだされば大丈夫です。"とりあえず"の意思表示だけでも大歓迎です。

 

Q:人とコミュニケーションを取るのが苦手で・・・

A:大竹氏のことですか?(笑)少なくとも、このブログを見てくださってる方は、優しい方々ばかりですのでご安心ください。というか、実際に大竹氏も精神障害そしてコミュニケーション障害なので、6人という少人数に設定したのです。少人数でまったり過ごしましょうね(・ω・)ノ

 

Q:お金は当日清算ですか?

A:忘れてました、その通りです。当日、大竹までお渡しください。代金は追ってメールにてご連絡いたします。

 

Q:ピアノはベーゼンドルファーのインペリアルですか?

A:その通りです。鍵盤に特徴があります。

 

KIMG0032_20170702090212.JPG

 

 通常のピアノは通常88鍵ですが、ベーゼンドルファーのインペリアルモデルは、97鍵あります。左側の黒く塗られてる白鍵が5つ、黒鍵が4つ拡張されています。これは「エクステンドキー」といって、イタリアの作曲家でピアニストのフェルッチョ・ブゾーニが、「バッハのオルガン作品をピアノ用に編曲したいんだが、どうしても88鍵では足りない。ベーゼンドルファーさん、何とかしてくれないだろうか」と持ち掛けたのが事の発端だそうです。そしてこのピアノが開発されたのちは、バルトークのピアノソナタや、ラヴェルの「組曲『鏡』より海辺の小舟」などで、このエクステンドキーが使われているそうです。

 あ、ちなみに↑の写真は、中野坂上のベーゼンドルファー東京に置いてあるものを、大竹が写真を撮りました。

 

 

 長々書きましたが、質問は随時受付中です。メールでも、この記事にコメントを送って頂いても大丈夫です。お待ちしています!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 09:45
comments(0), -
Comment