RSS | ATOM | SEARCH
衝撃!ベートーヴェンは赤塚不二夫だった!!

それは、32番ソナタを書き終えた、ある日のこと・・・

 

弟子「先生、なぜこの曲には第3楽章がないのですか?」

 

ベト「この曲は、第2楽章で完結したのだ。

   これでいいのだ!(Es muss sein!)」

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 16:06
comments(2), -
Comment
タイトルからしてこのセリフだろうとは思ってましたが、ドイツ語だと「エス・ムス・ザイン」なんですね!やっぱ無駄にカッコエエ〜ww

なんか作るとき、そして、人生でもこんな境地に達してみたいですねぇ!
くだダヰナ, 2017/06/22 9:44 PM
>くださま

「Es muss sein! これでいいのだ」
で検索すると、それっぽいページがヒットします(笑)

ベートーヴェンは、最後の弦楽四重奏曲(第16番)で、
「Muss es sein?」これでいいのか?
「Es muss sein!」これでいいのだ!
と実際に書いています!(^◇^)
最後の最後まで悩みぬいて、とうとう解放された心境が、
この言葉からも理解できますよね(^^♪
大竹真人, 2017/06/25 11:20 AM