RSS | ATOM | SEARCH
バッハ作曲「ニ長調のミュゼット BWV Anh.126」(バスティン・ピアノ名曲集第2巻より)

 

やぁ、このコーナー、3か月半ぶりだね。

久しぶりだけど、いや、久しぶりのせいで、

だいぶ腕が鈍っちゃって、こんな演奏しかできないんだ。

 

仏の顔もって言うしね、

謝って許してもらおうとも思っていない。

・・・だっけ?(゚∀゚)

 

 

ちなみにこの曲、「バッハ作曲」と楽譜にあったのでそう書きましたが、

正確には「作曲者不詳」です。バスティンはかなりいい加減です。

っていうか、最近バスティンのいい加減っぷりが気になって、

それで冷やし中華始めましたのごとくギロック始めましたので、

次回はギロックをアップロードしますよ!

 

今日はこの後、午前中はピアノのレッスン。

久しぶりで緊張するなぁ〜Σ(゚д゚lll)

午後はトリフォニーホールで新日本フィル!ラテン・プログラム!(`・ω・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:バスティン・ピアノ名曲集第2巻(進行中), 07:45
comments(2), -
Comment
淡々としてるけど可愛らしい曲ですね!
でも、、、なんか全然バッハっぽくない。。。w(いや、素人だからわからんですけどw)
なんていうか軽自動車のCMとかで流れてそうw ミュゼットって車なかったでしたっけ?w

>バスティンはかなりいい加減です。
っていうか、最近バスティンのいい加減っぷりが気になって、
それで冷やし中華始めましたのごとくギロック始めましたので、

www
シトワイヤン卿がついにキレたww
でもお気持ちわかりますww

あ、そうそう。この前「メル凸」だけ答えるの忘れてましたスイマセン!
読みは「めるとつ」です。凸は突撃の隠語です。「メールで突撃」の意味ですw
(凸は強い意味から弱い意味まで幅広くて、「電凸」(電話で突撃)は強いですが、「凸待ち」はスカイプ通話をゆる〜く待ち受ける感じです。覚えなくていいですよw)
くだダヰナ, 2017/04/29 7:46 AM
>くださま

バッハの「アンナマグダレーナ小曲集」の鍵盤作品は、
なぜかJ.S.バッハではなく息子バッハとかが混じっています。あとペッツォルトも・・・
はてなぜでしょう、自分よりもいい曲書くじゃないか、といった感じでしょうか?

このブログ、「バスティンとゲーム音楽を応援しています」が有名無実化しています(笑)
基本、よほどのゲテモノじゃなければなんでも好きになれるお得な性格なので、
バッハからスカルラッティから吉松隆からすぎやまこういちまで、
古今のあらゆる名曲を応援します!といった感じですね。

「めるとつ」、初めて知りました!略語なんですね。
確かにメールで突撃しました(笑)
美緒さん、始めはビックリされたようですが、
明るい方なのですぐ打ち解けました。いい思い出です(^^♪
大竹真人, 2017/05/03 11:34 AM