RSS | ATOM | SEARCH
ラヴェル作曲:バレエ音楽「マ・メール・ロワ」を聴く。

パスカル・ドゥバイヨン先生のラフマニノフの3番を聴いて、

「あぁ今日も仕事終わり!」と思っていてボーっとしていたら、

後半が素晴らしかった、いや元々この「マ・メール・ロワ」は、

ラヴェルの中でも特にロマンティックな作品で大好きなのですが、

なんと当日は、フリーアナウンサーの中井美穂さんの詩の朗読付き!

中井美穂さんってドゥバイヨン先生よりも知名度的に上じゃね?(゚∀゚)

 

 

ラヴェルを振らせたら超一流の↑シャルル・デュトワ、

今日(11/30)この後、夜7時よりNHK-FMでN響演奏会がありますが、

サントリーホールからの生中継で、まさにこの曲を演奏します!(`・ω・´)

さぁ、ラジオを聴くんだ!ネットで聴くべし!

 

さて、何が感動したかって、中井美穂さん朗読の詩・・・。

 

お慕い致しておりました

私が生まれる ずっと前から

 

お慕い致しておりました

あなたと出逢う ずっと前から・・・

 

素直に「ステキな詩!」と思いました。

そんな風に言われてみたいよ!( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 16:11
comments(6), -
Comment
この曲集は本当に美しいですな。
というか、ラヴェルさんの曲はどれもうっとりします( # ´Д`)
ピアノで弾くとなると、とんでもないのばっかりですが( ;´Д`)
モル作, 2016/11/30 6:09 PM
>モル作さま

マメロワはピアノ版もオケ版も美しいです。
ラヴェルの曲はどれもウットリするモル作さんが羨ましいです!
スカルボとか絞首台もウットリできるとしたら!(笑)

以前の「ハイドンの名によるメヌエット」は、
ラヴェルの独奏曲の中で1番好きです。
ただ、真価は歌曲にあるような気がします。
「スコットランドの歌」は、ただただウットリします・・・!
大竹真人, 2016/12/02 4:41 PM
タイトルからして、きっと豆関連のダジャレが来るんじゃないかと思って記事開けたら、ありませんでした(´;ω;`)w

これは、綺麗で、不思議で、爽やかで、楽しい(*´ェ`*)
「パヴァーヌ」っていうと「亡き王女」しか知りませんでしたが、こういうパヴァーヌもあるんですか!
これすごい好きです!!全部好きけど、第3曲のパゴダが特に気に入りました!エスニック?っぽいのイイw そして長さもちょうどいい!w(まだこの前のドゥヴォルジャークの聴けてませんスイマセンw)

あ、あれがコントラファゴットかー
くだダヰナ, 2016/12/08 8:24 PM
>くださま

私もマメ関連の何かを言おうと思いましたが、
何も面白いことを思いつきませんでした(笑)
パゴダっていうのは中国のお人形のことだそうですが、
中国っぽい感じしますでしょう?
私もパゴダ大好きですよ、気が合いますね(^^♪

コントラファゴットは、美女と野獣の対話のシーンだったかしら。
確かクラリネットが美女っていう設定でしたっけね。
私もあまり覚えてないので、別に詳しいわけではないのです(^◇^)

ドヴォ(スターバトマーテルですよね?)は長いのでいつでもどうぞ〜。
ただ、抜粋したあの部分だけは泣けます( ;∀;)
大竹真人, 2016/12/11 12:52 PM
>パゴダっていうのは中国のお人形のことだそうですが、

らしいですね!「パゴダ」っていうと、ミャンマーとかの金ピカ仏塔をすぐ思い浮かべるんですが、まさか人形とはw

>中国っぽい感じしますでしょう?
私もパゴダ大好きですよ、気が合いますね(^^♪

ね!w
王朝時代の雰囲気いいですよね〜
(ロマサガ3の「東の国」とかw)

>ドヴォ(スターバトマーテルですよね?)

です!「スタバで待ってる」ですww
実は抜粋部分だけは見てましたw そこしか見てないけど、シトワイヤン卿の紹介文を踏まえると、「ああ・・・」「指揮者の人のポーズが祈りだわ・・・」って納得しました。まさかドゥヴォちゃんそんな壮絶な人生だったとは・・・と
卿の紹介がなかったら、そもそも出会えなかったし、味わえませんでしたよー ありがとうございます!(またそのうち全部見ときます)

そうそう、シトワイヤン卿もゆきなぎさんも吉松さん推しですねぇ。また吉松さんの曲紹介記事来たらちゃんと聞いてみようと思います!まずはお子ちゃま耳でも聴けるやつからでお願いしますw
くだダヰナ, 2016/12/11 8:25 PM
>くださま
中国でクラシックというと、プッチーニの「トゥーランドット」とか、
カオスで有名なwバルトークの「中国の不思議な役人」もあるので、
当時のヨーロッパでは中国の摩訶不思議な感じが流行っていたのですね(^^♪

スタバで待ってるですが、あれを長々聴くと飽きると思います(笑)
基本的にずーっと祈りの音楽なので、祈らない時に聴いても、
「あ、(´_ゝ`)フーン」で終わるかもしれません(゚∀゚)

吉松隆さん大好きです。すぎやまこういちさんは秀才で吉松隆さんが奇才、
浜渦正志さんは天才だと思います(^^♪
実は特集を組もうと思っていたところに父が倒れたので先延ばしにしていました。
いつか必ず(; ・`д・´)
大竹真人, 2016/12/13 4:07 PM