RSS | ATOM | SEARCH
バーバー作曲「弦楽のためのアダージョOp.11」(新・クラシックへの扉#49より)
久しぶりだねこのこのコーナー。
もっと更新したいけど、ゆっくり行きましょう。
コンサート当日の詳細は → こちら



尾高忠明指揮、NHK交響楽団の動画ですが、
この曲=死者の弔い、というイメージがあるのは私だけじゃないはずです。
有名なところでは、ケネディ大統領の葬儀のときですよね。
他にも、昭和天皇崩御の際にNHKがこの曲を流したとか、
ニューヨーク同時多発テロ1周忌のときに流したとか、枚挙に暇がありません。
なんでも、終戦70周年を記念してプログラムされたのだそうで、
平和の誓いを新たに、という新日本フィルの想いがこもった演奏でした。

あ、流し聴きでいいので(笑)
この機会に名曲をサラッと勉強していこうっていうコーナーですから。

で、なんでこのコーナーを久しぶりに更新したかというと、
今日は8回シリーズの4回目が行われるからです。 → こちら
シューマンの2番キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
メッチャ楽しみです! 行ってきます(^^♪
author:大竹真人, category:新日本フィル, 09:57
comments(2), -
Comment
嗚呼・・・これは、すごい。初めて聞きましたが、すごい。いいですね。

(前回のシベリウスのに比べて、短いのもいいw)
前回は寒さに耐えて耐えて、最後、おー耐えてよかったー!って感じでしたが、今回はもう最初っからヤバい。

さらに6分あたりで、ぐわ〜〜っと来て、突如ふっと消えて、・・・また復帰のとことか最高ですね。

こんな曲教えてくださって感謝です!
くだダイナ, 2016/02/05 6:45 PM
>くだダイナさま

そんなに喜んでもらえるとは!(^^♪
この曲を作曲したバーバーさんは、
「これは死者の弔いのために書いたわけではない!(-_-)」
と実際に言ったんだそうです(笑)
しかしこの曲は、そう思わせる何かがある名曲として、
後世まで名を残しています。私も素晴らしい曲だと思います。

これからもたまにこのコーナーやっていくんで、
聞き流して、じっくり聞こうとせず、作業用BGMとしてお付き合いくださいね!

6分当たりのぐわーっと、わかります(笑)特徴的ですよね!
大竹真人, 2016/02/06 3:22 PM