September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

イーストリバーブギ(バスティン・おとなのピアノ教本 BOOK2より)

(初めに断っておきます、この記事、長いです)

またまたお久しぶりの練習日記です。
上げよう上げようと思っていても、違う話題で盛り上がってしまうのが私の悪いクセ。



撮りなおしたいゼ・・・多分2〜3ヶ月くらい前に撮った動画です。
曲の最後、やけっぱちになって弾いてるし・・・
この曲、バイエルとかツェルニーとかにはお目にかかれないリズムですよね。
こういう曲が入っているのが、バスティンの面白いところです。

ところで、この曲はバスティン先生のオリジナル曲で、
タイトルの「イーストリバーブギ」っていうのもバスティン先生がつけたのだと思いますが、
イースト:East=「東」 / リバー :River=「川」、という風に訳せますよね。
つまり、「イーストリバーブギ」を日本語に訳すと、「東川ブギ」ということになるのです。



『それではご登場いただきましょう、漫談家の東川ブギさんです!』

ちゃんかちゃんか ちゃんかちゃんか・・・

東川:「えぇ、ご紹介に預かりました東川ブギでございまして」
お客:「よっ、東川!」
お客:「待ってました!」
お客:「キャー!東川さんステキー!」
東川:「ありがとうございますホントに・・・
    えぇさて、本日皆さまにお話したい面白いお話がありまして。
    これはアメリカに伝わるジョーク、一種のアメリカンジョークってやつですかね、
    なかなか面白いので、これを私、東川ブギ風にアレンジしてお届けしたいと思います。
    まずこのお話は、企業の採用面接での風景です。
    登場人物は、「面接官」と、「ワンコ」、犬ですね。
    犬が採用面接を受けるの?まぁ、アメリカですからあまり気にしないでください。
    それでは、面接官とワンコが織り成す採用面接の風景をどうぞ!」

--------------------------------------------------------------
面接官:「本日はよろしくお願いします」
ワンコ:「よろしくお願いするんだワン!」
面接官:「元気が良くていいですね。事前に履歴書を読ませていただきました。
     タッチタイピングが得意だということで、パソコンがお得意ですか?」
ワンコ:「そうなんだワン!"Word"も"Excel"も"PowerPoint"も大丈夫だワン!」
面接官:「それは頼もしいですね。
     ところで弊社は、ご存知のとおりグローバルな展開をしておりまして、
     バイリンガルの方が入社してくださったら心強いと思っておるのですよ」
ワンコ:「ボク、実はこう見えてバウリンガルなんだバウ!」
面接官:「そうでしたか! それでは何か犬語以外で喋ってみてくれませんか?」
ワンコ:「ニャー」
--------------------------------------------------------------

東川:「・・・どうですかこのジョーク」
お客:「つまんねぇんだよヴォケ!」
お客:「そんな話を考えるんだったらピアノ練習しろよ!」
お客:「東川さんってサイテー!あたしもう帰るっ」
東川:「ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!」


〜 完 〜

comments

東川ヴギ!面白すぎ〜!ウケたー!
面接官とワンコが織り成す採用面接の風景もサイコーですっ!!
いつも思うのですが、真人さん文章が上手ですね〜、
文才あるな〜。

演奏も・・・どこがやけっぱちですか?
ちゃんと丁寧に心を込めて弾いてるじゃないですか。
真人さんの演奏を聴くと、私も一つ一つの音を大切にして弾かなければ!と思い知らされます。
丁寧な演奏は好感が持てますよね。

違うお話しで盛り上がったっていいじゃないですか!
真人さんの文章は面白いですからね!
宝塚やピアノ、好きな事がたくさんあるのは良い事ですね〜。

  • ひさへ
  • 2014/12/11 1:32 PM

>ひさへさん

ありがとうございますありがとうございますありがとうございます!!!(>_<)
「東川ブギ」はもちろん私の創作なので、実際にそんな人はいません(笑)
以前ひさへさんに褒めていただいたとき、
「こんなに褒められても彼女いない歴=年齢なんですよ、人生おかしいですよね」
みたいなことを書いたと記憶していますが、わが人生、相変わらずです(泣)

演奏を褒めて頂いたのは久しぶりです、嬉しいです。
この右手レガート・左手スタッカート、というのが慣れるまで大変でした。
2小節だけで1時間かけた気がする、そんな地味な思い出があります(涙)

以前、ひさへさんのブログに書きましたが、
「読み手の心に残るように文章を書いているつもり」です。・・・つもり、です(^^;
ひさへさんの心に届いているのなら、書き手としてこれほど嬉しいことはありません。

というわけで今後も宝塚の記事を書くぞ〜、早霧せいなのルパン3世も見るぞ〜!
・・・期待してくださって嬉しいです(笑)
いつもありがとうございます♪

あぁ、ちなみにどうでもいいですけど、
東川ブギさんから伝言を頼まれたのでここで。

>「東川」って「ひがしかわ」と読むんです。
>「あずまがわ」とか読まないでくださいね。

だそうです。
・・・くだらねぇw

ギャハハハ
笑い声から入って失礼いたしました。

先に記事を読んでから動画クリックいたしました。
んちゃ、んちゃ、んちゃ・・・

メロディーにのって、私の脳内ではmr.higashikawaのすたんだっぷコミック?が・・・!

ギャハハハハ

・・・ありがとうございました。
(またやってね)

  • hanasaku
  • 2014/12/12 8:14 AM

大竹さん、こんにちは。
先日は私のブログにお越しいただき、ありがとうございました。

面白い!「バウリンガル」で、うけました。
ピアノが弾けるだけでなく、
御笑いのセンスも、おありなんですね。

イーストリバーブギ、聴いていてウキウキします。
でも弾くのには難しそうなリズムですね。
リズム音痴の私が弾いたら、左手が右手のリズムにつられてしまいそうです(笑)

私もバナーのクリックさせて頂きます。

ブギウギー

左手の刻み音が地味にむずかしいですねー。
しっかり弾かないとリズムにならないという。
昨年、スウィングジャズのかんたんバージョンに苦しんだので思い出しましたわ。

>hanasakuさん

そんなに笑っていただけるとなんだか恐縮しますね(^^;
私はお笑いの専門家ではないので、人が面白いと感じるネタではなく、
自分にとって面白くて人に披露したいネタを取り上げています。
チャイコフスキーの交響曲だったら、4〜6の後期の3つが有名ですが、
私には第2番が大好きなので、ブログに取り上げるならそっちかなって感じです。

・・・あ、もうやりません。だってネタないし(笑)

>smile**さん

こんにちは!こちらこそ、いらしていただいてありがとうございます!

バウリンガルで笑っていただけたのこと、嬉しいです。
ただ、これは記事で説明したとおり「アメリカンジョーク」で、
日本の犬の鳴き声は「ワンワン」ですが、アメリカでは「バウワウ」なんですよ。
つまり、「バイリンガル + バウワウ」で、「バウリンガル」となるわけで、
このネタは私が考えたものではないのですよ(笑)

私はまだピアノを始めて1年ちょっとの初心者で、
下手の横好きで演奏動画を載せていますが、
こうして(例え初心者でも)感想を寄せて頂けることは、大変励みになります。
ありがとうございます!

また遊びに行きますね(^^♪

>smile**さん

ごめんなさい、なんだか誤解を招きそうな表現を自分で書いててちょっとなぁと思って・・・

>こうして(例え初心者でも)感想を頂けることは・・・

と書いたのは、決してsmileさんが初心者というわけではなく、
私(大竹)が初心者です、と言いたかったのです。
でも、始めて1年以上経っているので、
そろそろ初心者の域からは抜け出たいなぁと思っている毎日です!(恐れ多いかも笑)

>モイッカさん

バイエルやツェルニーにはブギウギはないでしょうね。
記事でも説明しましたけど、こういう曲が出てくるのが、バスティンの面白いところです。

左手、難しいですよ〜。楽譜見るとスゲー簡単に見えるんですよ。
侮りがたしバスティンですよ。苦労しましたよ(>_<)
さすがバスティン、アメリカ生まれ!

ジャズ、いいですよね。
ルイアームストロングとかロンカーターとかハービーハンコックとか・・・
有名どころの名前しか知らないです(笑)
ビバ!「聴く専」!(^^;

こんばんは
楽しい曲のウキウキと、たのしい記事の笑いをありがとうございま〜す。
2小節に2時間、、、甘いですよ。。。^m^
わたし、2小節に何年も患っています(泣)

  • レディピアノ
  • 2014/12/12 10:10 PM

>レディピアノさん

おはようございます!
楽しいと言ってくださって私は嬉しい(笑)

私、「練習は大嫌い」なんです!(泣)
でも、憧れのゲーム曲を弾くためならなんでもする覚悟です。
そのために、地味に2小節に1時間も2時間もかけているのです。泣けてくるぜ!
でも何年もって・・・どんな曲でしょう?雪あらし?w

最初の二小節、2と4が開くので辛い曲です(>_<)
手が小さいの。
雪あらしは、私的には最後のページに恐さが潜んでますよ~~

  • レディピアノ
  • 2014/12/13 6:51 AM

>レディピアノさん

いま試したら、2と4を広げると6度までなら余裕でしたが、
7度になると怪我しますねこれ(笑)
私は手が大きい(指が長い?)方かなぁえへへ〜♪

雪あらし、実は私の携帯メールのアドレスが、
"chasse-neigeなんとかかんとか"、なんですw
それぐらい好きだった(過去形w)そんな曲です。

あ、今でも好きですよ!5本の指に入ります♪(^^)

   
pagetop