精神障害者が贈る、すべての「内向的なお仲間」へ向けて綴るクラシック音楽ブログです。
Profile
Search this site.
エリーゼ音楽祭コンクール
エリーゼコンクール審査員特別賞!
エリーゼコンクールで審査員特別賞を戴きました!
こころの元気+ 表紙モデル
雑誌モデルになりました!
雑誌インタビュー
20180201_1635285.jpg
統合失調症について語るインタビュー動画です。
ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
Others
<< 鐘のうた(バスティン・おとなのピアノ教本 BOOK1より) | main | サンデー・ローズ Vol.018 >>
「エリーゼのために」特番のお知らせ
(S田さんブログ見てくださってありがとう、皆様によろしくお伝えください♪)

まず最初に、表題の前にこっちを先にお話させてください。
おとといお伝えした、チャイコフスキーの大序曲「1812年」です。
これ、ご存知の方も多いと思いますが、「大砲」を楽器として使います。
大砲を使うなんて、この曲とベートーヴェンの「ウェリントンの勝利」くらいしか知りません。

そのチャンコフスキーの「1812年」ですが、
「実際に大砲をぶっ放したらどうなるか」を熱演した、
我らが日本の陸上自衛隊の動画がありますので、ここでご紹介しましょう。



大砲を発射しているのは8:00〜ですが、ぜひ最初から見ることをお勧めします。
この高揚感がたまりません。
「大砲、来るか?来るかぁ・・・?キ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
的感動が待ち受けることこの上ない。いと素晴らしきかな。
あ、今更ですがヘッドホンで聴く方注意です、大砲の音、超うるさいです。
だがそれがいい!

はい、では「エリーゼのために」です。
以前こちらで告知したとおり、NHK-FM「弾き語りフォーユー」で、
エリーゼの特集が放送されるということだったのですが、
それがついに判明いたしました。

http://www4.nhk.or.jp/hikigatari/

10/2(木)11:00〜、再放送は10/3(金)05:00〜です!
ご覧になればわかるとおり、この番組20分しかないんですね。
それなのに、ピアノ演奏だけで13分くらい使っちゃう番組なんですが、
10/2の放送だけは、ピアノに5分20秒くらいしか使わず、
あとはトークを繰り広げられる(であろう)という感じです。
つまり、「エリーゼが上手くなるにはこうしたらいいよ!」
みたいな助言が盛り込まれること間違いなし! 絶対聴きます!

小原さん、(見てないと思うけど)応援してます!
| 日常 | 15:05 | comments(0) | - | このページのトップへ
コメントする