弾き合い会のご報告・後編 + シューベルト「軍隊行進曲第1番」(ファミコン版)のご紹介

【ありがとう存じます!】

 一時期、やっぱり人気ほしいな〜とか、見てくれる人がいっぱいいるともっと嬉しいな〜とか思ってたんですぅ。でも、上を見ればキリがないし、数字云々よりも目の前の仕事に集中したくて、現在は日曜のみの更新です。それにも関わらず毎日見てくださっている方、そしてアクセスランキングのバナーをクリックして応援してくださる方、沢山の方々が私のことを気にかけてくださっていることはよく存じております。ありがとうございます!(^^♪

 

【で、はじめに】

 今週は、先週に引き続き、1月13日(月・祝)に行った、ビーテックジャパン東京スタジオでのピアノ弾き合い会のご報告です。ですが、大まかな出来事は先週書いてしまったので、今週は何を書けばいいのか迷っています(笑) 色々と迷った結果、弾き合い会に起こった出来事の中から、「これは」という点をお話ししたいと存じます。

 

【類は友を呼ぶ・1】

 今回来てくださった方々のうち、私と年代が近い女性が3人来てくださいました。皆さんステキな方々ですぅ(;゚∀゚)=3ハァハァ その3人の女性と私は、やはり同世代ということもあってか、ドラゴンクエストをよく知っています。以前、おひとりにはドラゴンクエスト4の「ジプシーダンス」のソロ楽譜を、残るおふたりにはドラゴンクエスト5の「結婚ワルツ」の連弾譜を差し上げたことがあります。3人とも喜んでくださり、当日の弾き合い会でも弾いてくださいました。本当にありがとうございました。特に「結婚ワルツ」のほうは、「前日に一夜漬けした」とお二人がおっしゃっていたので、「そこまでして練習せんでもええのに(´;ω;`)ウゥゥ」と感動してしまいました。この曲はとにかくフラットが多く、一筋縄ではいかない曲なのですが、いつかまた再会できたとき、あるいは……もし私が誰かと結ばれて結婚式を挙げる、なんてときは、ぜひこの曲を弾いてほしいなぁって思っています(笑)

 

【類は友を呼ぶ・2】

 一時期、このブログでショスタコーヴィチ特集を取り上げたことがありました。それと並行して、今回の弾き合い会にご参加くださったある女性と、ショスタコーヴィチがいかに素晴らしいかを語り尽くしていました。特に、私は大好きだけれど、ショスタコーヴィチにとっては生涯最大の汚点であるオラトリオ「森の歌」の第7曲「栄光」を気に入ってくださり、「全然ショスタコーヴィチのことは知らなかったけれど、なんだか興味を持ちました。今度N響がオールショスタコーヴィチプログラムをやるので、チケットを買いました!」ってお話ししてくださいました。本当に嬉しかった!「へぇ、この前11番をやったばかりなのにN響またショスタコやるんですねぇ、プログラムはなんですか?」って尋ねたら、「これです」と教えてくださいました。内心では「また5番やるのか、この前に広上淳一が振ったばかりじゃね?」とか思っちゃったんですが、実際にタコ(もうタコでいいやw)のあらゆるすべての曲の中で最も有名なのが第5番なので、ぜひ楽しんでくださいね!とお話し、しましたっけ(;^ω^) ぜひご感想を聞かせてくださいね!……実は、この話には続きがあって、その女性がN響定期の新シーズンプログラムについて教えてくださったのですが、それを聴いて驚愕ですよ。ハイドンが書いた驚愕なんてもんじゃないです。まさにビックリシンフォニー、有り得ないことを教えてくださいました。いつか機会があったときに続きを書きます。教えていただきありがとうございました。ぜひご一緒しましょう!(^^♪

 

【文章だけだとつまらないので・1】

 「Mちゃん、写真撮ってくんね?ブログに乗っけるからさ」「いつも撮ってあげてるでしょ!」……はい('◇')ゞ 実際、私が幹事の弾き合い会は、持ち曲がなくても、練習でもいいんです。これは何の練習か。「手元を見ないで弾く練習」です(笑) ある程度の手元を見ることは難曲になればなるほど仕方がありませんが、「手元ガン見症」の私は、簡単な曲を手元を見ないで弾く練習、というものをしたかった。その一部分を撮ってくださいました。どうもありがとう!それにしてもインペリアル、本当にデカいわw

 

【文章だけだとつまらないので・2】

 ↑別にね、目を閉じたところで音色が変わるわけではないのですが、このインペリアルの音色を忘れないようにしたい、なんてったってここで弾くのはもう最後になるかも知らんから、音色の思い出を刻み込みたくて、自然に目が閉じてしまったようです。そこにシャッターを合わせてくれたMちゃん、さすがやわ。ありがとうね、気を遣ってくれて(^^♪ でも、写真見て思うわ。やっぱり自分、痩せちゃったね。どのくらいの皆さまが気づかれているでしょうか。大竹氏は、ダイエットしたくて痩せてるんじゃなくて、母の介護や就活のストレス・プレッシャーでご飯が食べられなくなり痩せているのだということを。悲しいが……でも大丈夫、皆さまがいれば生きていけますよ。

 

【今週の終わりに 〜おまけ〜】

 参加者の中で、シューベルトの軍隊行進曲第1番(皆さまよくご存じの連弾曲です)を弾いてくださったお二人がいました。もうね、ファミコン好きの私としては、この曲には特別な思い入れがあります。その昔、「チャレンジャー」という全然面白くないファミコンソフトがありましたw その中の1面の曲が、この曲のアレンジです。ファミコン初期の作品ということもあり、音楽的には先週のバッハよりは劣りますが、それでもシュベ様であることには変わりありません。ぜひ皆さまにもお聴きいただきたく、Youtubeの動画を貼り付けます↓

 懐かしすぎるぅぅぅぅぅぅぅぅ!(`・ω・´) 1985年ってことは大竹氏4歳ですよ。当然クリアなんてできません。いまプレイしても絶対クリアできないですよ。難しすぎるからwもうね、なんでもかんでもファミコンに結び付けるのが「大竹氏クオリティ」ですからw

 

【どうでもいいおまけのおまけ】

 この写真をこっそり撮ったMちゃんによると、「語り合う人たち」だそうで(笑) それってファイナルファンタジー7の「闘う者たち」みたいじゃね?知らんか。去年のエリーゼコンクール本選3日目に梅の会のド美人管理人さん(左から2番目の人ね。彼女の人生の半分はファイナルファンタジーでできてるって言ってました)が弾いてた曲ね。ちなみに、↑の私の隣に座ってる彼、エリーゼコンクールに絶対に姿を現す人なので、行ったことある方はご存じの方もいらっしゃるかも。彼は「ブログにアップしてもいいよ」とか普通に言ってたのでアップしちゃう。需要はないだろうけどw ちなみに音楽事務所に所属してるセミプロみたいな方なので、ピアノの腕はスゴイです。来てくれてありがとう!……え?何について語っているかって?「日本経済の行く末について」ですw 2人とも1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者ですからwww 彼がここ見てるかわからんけど、ホント楽しかった、ありがとう!(^^)/

 

 お・し・ま・い!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

コメント