「大竹真人」という名前 + 2019年・完!

【"大竹真人"は本名ですからね(笑)】

 たまに、「大竹さんのお名前って本当に本名なんですか?(≧∇≦)」と冗談交じりに尋ねられることがあるのですが、もちろん本名ですよ(笑) なぜって、今までアップロードしてきた合格証書の写真などに、きちんと「大竹真人」って書いてあるでしょう。これが偽名だったら逆にウケますよねw 捕まっちゃいますよねwww

 

【"大竹"の意味】

 読んで字のごとく「大きな竹」。竹って、大きくても「しなやか」で、台風が来ても、しなやかに揺れて、折れそうで折れない。その力強さは立派なものです。私も、そんな「しなやかさ」を心得たいと願っています。人間である以上、喜怒哀楽はもちろんありますし、否定的な感情を打ち消そうと躍起になる必要もないと思いますが、怒や哀が来ても、しなやかに受け流す器量を持ちたいのです。

 

【"真人"の意味】

 読んで字のごとく「真っすぐな人」。よく言われます。大竹さんって真っすぐですよね、と。「堂々と生きたい」とは常日頃より抱いています。本名&顔出しでブログやってる理由のひとつが、「堂々と生きたいから」です。「ハンドルネームを使ってる人は堂々としていない」と言っているわけではなく、「堂々と生きてきた」と胸を張って言えない過去の自分への「蹴り」をつけたいのです。

 

【自分の名前が好き】

 上で挙げた意味というのは推測でしかありません。が、良いじゃないですか。素敵な名前じゃないですか。「名は体を表す」が真実かどうかは置いといて、私は自分の名前が好きです。堂々と言いたいです。「好きです」、と。槇原敬之さんでしたっけ、「好きなものは好きと 言える気持ち 抱きしめたい」。皆さんはどうですか?自分の名前はお好きですか?

 

【2019年も終わりですね】

 今年ほど進退窮まった年はありませんでした。いや、正確に言えば、「進退窮まった、と何度も思った年」なんですが、終わってみればすべてが丸く収まっているわけで、来年はこのビッグウェーブに乗って、どんどん上昇していきたいです。障害者だが・・・こんなところでくたばってなるものか・・・まだまだ自分にはできることがある。天命がある。全うできるように、これからも堂々と生きたいです。

 

 では、最後に。

(毎年やってるねこれ↓w)

 

 2019年・・・完!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

コメント

わかるうー、いろいろあったけど、オワレバそれでよしみたいな?
わたしのなまえは最後に(こ)がつくんですけど、それがひらがなです。
○○子じゃなくて、○○こ。
それがゆえに、印刷物やらなにやら、○○子にまちがわれます。
もう、どっちでも良いですって感じですが。
今年も宜しくお願い致します。

  • レディピアノ
  • 2020/01/01 00:52

>レディピアノさま

新年あけましておめでとうございます(^^♪レディピアノさんとは本当に長いお付き合いですね。

個性的でステキなお名前ですね(^^)/ご両親はどんな意味付けをされたのでしょうね。

「自分の名前を大切にすること」、これはドラゴンクエストシリーズのひとつのテーマなんですよ。その世代の人間ですから、自分の名前にはひときわ愛着があるのかもしれませんね。

 今年もどうぞよろしくお願いします!