ファイナルファンタジーピアノオペラ編曲・演奏者の中山博之さんに会う【中編】

 なんとか今日中に間に合った、現在23時過ぎ。師走ってやっぱりバタバタしちゃうものですね。おかげで風邪を引きまちた(;^ω^)

 ↑乗船前の待合室での一コマ。今日の写真はすべてK子さんが撮影。

 ↑いの一番に船内に乗り込んだので誰もいない。シャッターチャンス!

 ↑柏原姉妹&姉妹のお母さまに頼み込んで、ピアノのそばのテーブルにしてもらいました(笑) こちらのお方こそ、「ファイナルファンタジーピアノオペラ」(←大竹氏のラスボスピアノ曲、ファイナルファンタジー6より「妖星乱舞」です。この曲が弾きたくてピアノを始めました。マジですw)編曲&演奏者の中山博之さんです。

 ↑中央、大竹氏ですよ!お友達冥利に尽きるでしょ(笑) 舞台に上がることは少し勇気が必要でしたが、柏原姉妹(青いドレスが姉の奈穂さん、赤いドレスが妹の美緒さん)のフォローがあって、あと中途半端な中山氏のフォローもあって←全然お話し聴いてませんでした〜!ごめんなさい中山さん(;^ω^)そして、ひとことも喋る機会を与えられなかったけど素敵なチェロを弾いてくださった磯野正明さん、皆さまありがとうございました!

 トナカイの被り物をして、「真っ赤なお鼻の〜トナカイさんは〜♪」っていう、皆さまもよくご存じのクリスマスソングをみんなで歌うという企画でした。大竹氏のうろたえている様子が、K子さんの巧みな写真撮影によって、ステキに表現されていると思います(笑)

 

「後編」へ続く!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

コメント