December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

タコ週間(金)「ショスタコーヴィチがソビエト共産党&スターリン政権に屈服した曲を書くとこうなる」

 

 この曲には色々な思い入れがあります。概略だけでもwikipediaでご覧ください。ショスタコーヴィチは心底こんな曲は書きたくなかったでしょうけれど、私はこの曲が大好きです。それだけでも書いておきたかった…。ちなみに、歌詞はこんな感じです。

 

(前略)

共産主義のあけぼのが立ち上る!

真実は幸せと共に幸せも我らとともに。

もし、この我らの尊い祖国を

レーニンがいま見ることができたらなぁ!

(中略)

ロシアの華麗な河の脇に

木々は堂々と立ち並んでいる。

レーニンの党に栄あれ!

民衆に永久に栄あれ!

賢明なるスターリンに栄あれ!

栄あれ!

 

 言ってることは単なるソビエト共産党とスターリンを褒めたたえまくってるだけの(ということにしてください)曲なんです。現代風に言い換えれば、

偉大なる将軍様、万歳(マンセー)!

 ということになるでしょうかw そりゃあこんな曲、誰も演奏したがらないわけですよ、当たり前ですよwww でもね、私はこの曲は涙なしには聴けないのです。今も号泣しながらこの記事を書いています。この曲が大好きなのです。曲に罪はないのです。素晴らしい曲です・・・。

 

お知らせ

いよいよ明後日、17日(日)午後9時から、NHK-Eテレ「クラシック音楽館」で、ショスタコーヴィチ渾身の交響曲第11番「1905年」の模様が放送されます。本当に騙されたと思って、皆さんにぜひ聴いていただきたいです。衝撃を受けること必死です(`・ω・´)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

pagetop