November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

(動画あり)大変遅くなりましたが、エリーゼコンクール略して「エリコ」の結果です!

 エリーゼコンクールって「エリコ」と略せるけど、アイスコーヒーを「愛子」と略しているのは私だけであろう!ちなみにホットコーヒーが好きです。もちろんブラックで。さて、大変遅くなりましたが、エリーゼコンクールの動画編集と写真撮影を終えましたので、ご披露したいと思います。

 

 

 「エリコ」でも「愛子」でもなく「珍子」な演奏です( ;∀;) さすがベーゼンのインペリアルだわ、低音が良く響いてますよね。審査員の先生からもご指摘があったのですが、左右のバランスがもっと付けられるとイイね!とのことでした。私の場合、もうちょっと右手のメロディをハッキリ意識した方がよかったのかなぁという課題が出ましたので、今後に活かしたいです(^^♪

 

 

20181207_1727451.jpg20181207_1727453.jpg

 

 結果は銀賞でした。

 右は点数&順位表です。

 

 あとひとり上回れば金賞だった、惜しかった!

 

-------------------

 

 さて、本選の後は懇親会でした。ここでしか会えない仲間や先生方とお話しできて楽しかった! 本当に喜び勇んで積極的に行動し、審査員の秋谷えりこ先生、菊池裕介先生、田中美弥先生、新納洋介先生(50音順)の4名のテーブルに乱入するという、大変 命知らず 積極果敢な行動に出て、色々なお話をさせて頂きました。中でも、秋谷先生と新納先生は、昨年のコンクール本選でも審査いただいたご縁もあって私のことを覚えてくださっていて、「ドラクエよかったよ〜」と褒めてくださったことがとても嬉しかったです。

 

 先生お2人がおっしゃっていました。

 

 「今年は本当にいい演奏だったよ。

  去年は棒弾きだったけどね」

 

 ミンナニデクノボートヨバレ

 サウイフモノニワタシハナリタイ( ;∀;)

 

-------------------

 

 あー楽しかった!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 そうそう、会場で、「ブログ見てます!」と言ってくださった方々、ありがとうございました!このブログって、アクセス数を見る限り全然人気ないブログなんですけども、それでも見てくださっている方々がいる事実が嬉しくて、ついつい長話をしてしまいました。お許しください!こんなブログで良かったらずっと続けますので、また見てやってくださいね(^_-)-☆

 

 応援してくださった方々、本当にありがとうございました!

11月23日(金・祝)のエリーゼコンクールに出場します!

 大竹氏は何もやってないフリしてピアノも頑張ってました。毎年恒例?のエリーゼコンクールに今年も参加します。

 

◆日時:平成30年11月23日(金・祝)

◆場所:YAMAHAホール(東京・銀座)

◆出演時間:13時45分からのポピュラージャズ部門Bコース

◆入場料:500円

 

 以上、簡単ですがサラっと書いてみました。ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください!「ブログ見てます!」なんて言ってくれると泣いて喜んじゃうんだからね!

 

 ちなみに、昨年の今ごろ「コンクールの動画はないのですか?」といわれ、そのときは「来年は撮ります!」とお返事した記憶があるので、今年こそはとコンクール予選の動画を貼り付けます。

 

 

 すってんころりんな演奏です(;´・ω・) 本選ではもっとテンポを大事にして演奏したい。5年後の動画のテンポで弾きたいです。

 

 楽しんで弾けますように(^^♪

5月5日はエリーゼコンクール関東1st予選です!

 といっても、5月5日は、遊びに行くだけで出場しません( ゚Д゚)

 

 エリーゼコンクールは、関東では3つの予選があり、どれかひとつでも合格すれば、本選へ進むことができます。その、関東での1つ目の予選が、明日5月5日に、五反田文化センターであります。

 

 ちなみに大竹氏は、9月23日(日・祝・秋分の日)に行われる3つ目の予選に出場します。申し込みも完了してあります。当然ドラゴンクエストシリーズから弾きます。遊びに来てね!(^_-)-☆

 

 エリーゼでしか会えない友人の皆さまと、久々に会えるのが楽しみ! ビデオ撮るよ!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

エリーゼコンクール本選・結果

 

皆さまの応援、届きました!

ありがとうございました(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

11月5日のサンデー・ローズ、お休みします。

コンクール、つ、つつつつ疲れました!(-_-)

頑張ったよぉぉぉぉぉぉ

エリーゼコンクール予選・その後

18601627_2318149375076968_1621733565_n.jpg

 

 ↑「こ、こいつ、白いぞ!」(ガンダム風) 友人のH.Kさんに撮っていただきました!大感謝です(^^♪それにしても白い・・・私が千葉県白井(しろい)市に住んでいるからだろうか?(^◇^)

 

 さて、エリーゼコンクール予選が終わり、ぐったりしちゃってコメントや更新がおろそかになって申し訳ありませんでした。現在、このブログ上では瞬間最大風俗69mくらいの風が吹いています。ここで面白い記事とか更新できれば、このブログもちょっとは人気が出るのかなぁなんて思いますが、そこはじっと我慢して、精神と身体を休ませないといけません。障害者の悲しいサガですね。

 

 実は、私が通っている教室の発表会が7月23日(日)にあります。もう2か月を切っていますが、いまだに何も練習していません( ゚Д゚) もちろん、例によってドラゴンクエストから弾きます!その新曲を頑張って練習したいなぁと思いますが、もぬけの殻となった大竹氏、あと2か月で曲が完成するだろうか?バスティンもギロックもやりたいし、ピアノ以外でもやりたいことがいっぱいあって、夢があって、大変だなぁと思うときがあるけど、きっと今までで一番人生が充実しているのだろうな、なんて・・・皆さまの力によって生かしていただいています、ありがとうございます。

 

 瞬間最大風俗072mくらい吹いているこのブログですが、私は面白いことは何も書けないので、また発表会が終わったころに来ていただいて、ドラクエの新曲を聴いてやってくださいね。でも、もし私のことを忘れないでいてくださるなら、どうぞこれからも来ていただいて、あの障害者さんは今日も頑張っているかな?なんて感じて頂けたら嬉しいです。皆さまの想いはきちんと届いています。

 

 バッハの「ゴルトベルク変奏曲」を聴きながら、ブログを更新する朝です(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

エリーゼコンクール予選・結果

 

応援してくださった皆さま、ありがとうございました!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

エリーゼコンクール予選・当日のご案内

日時:2017/05/21(日)

場所:すみだトリフォニー小ホール

   (JR・半蔵門線「錦糸町」駅 徒歩約5分)

アクセス:こちら

時間:こちら

大竹氏の出番:おおよそ16:00過ぎたあたり

料金:もちろん無料

 

 そんな感じ?ちなみに、全83組が参加されますが、私の番号は62番です。「ポピュラー部門Bコース」に参加します。当日、会場に行けば、入り口を入って受付にプログラムが置いてありますので、受け取ってくださいね。あとは、プログラムを見ながら参加される皆様の演奏をお聴きください。私はたぶん15:00過ぎに到着しますので(ギリギリ・・・笑)、見かけたら声を掛けてやってくださいね。

 

 オラ、ワクワクしてきたぞ!(`・ω・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

忘れてた!日曜日はエリーゼコンクールです!(; ・`д・´)

 いやぁ、すっかり忘れてましたよ。のんきにサンデーローズで名前がどうのこうの書いてる場合じゃなかったね!

 

 というわけで、6日後の日曜はエリーゼコンクールがありますので、それまで雲隠れします。「練習を頑張ります」って意味よ!今さら頑張ってもあんまり意味ないと思うけどね!小原久幸先生語録「意欲を捨てよ・・・今さら急にしても神経は反応しない」の言葉の意味は私も良くわかりますので、あまり練習しませんが(結局しないの?)、まぁ楽譜を眺めながら、メロディーを歌ったりして過ごしますよ。

 

 近いうちに、コンクール当日の詳細(場所や演奏時間など)をアップします。ブログ読んでる方でお暇な方はぜひ応援に来てくださると嬉しいです。「ブログ読んでます〜」とか言ってくれると泣いて喜んじゃうからね!オーディエンス投票でコメントくれると、カードが演奏者に届くシステムになっているので、ラブレターとかも待ってますよ!

 

 早く来い来い日曜日、ですね(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

エリーゼコンクールの予選に遊びに行く!

すみだトリフォニーホールには年10回以上お邪魔してる計算になりますが、

そこの小ホールで、エリーゼコンクールの予選がありました。

 

皆さんの演奏が聴きたくてお邪魔しましたが、

年々レベルが上がっていて、正直私のような初心者は参加しづらいネ、

と思いますが、「来年は参加します!」と調子に乗ってしまいました。

 

脳に障害のある私、会場に着いた時から・・・頭痛が痛い|д゚)

ベンチに座ってボーっとしてましたが、クスリを飲んで回復し、

あとは皆さんの演奏を聴き、懇親会にも参加させていただきました。

 

皆さん、気力体力が充実されてて羨ましいです。

私は昨日も今日も雨のなか病院巡りで、シルバーウィークなんじゃらほい、

という1週間でしたが、ピアノのやる気は出てきました。

リハビリのために始めたピアノ、これからも続けていきたいです。

 

当日、ラインやフェイスブックでお友達になってくださった方々、

ありがとうございました。

どうぞ、末永くお付き合いをお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

やっぱりエリーゼコンクール参加したい!

エリーゼコンクール、略すとエリコン。
つまり「エリカ・コンプレックス」になるわけで、
別に沢尻エリカは好きではないのですが、なに言ってんだ俺。

人前でピアノを弾く人と弾かない人の境目って、
「あたし人前で弾くなんて無理よぉ怖くて」という人と、
「コンクール?オラわくわくしてきたぞ!」
というドラゴンボール的な人に分かれると思うんですけど、
私は後者なんですね。
ただ、今年は本当に事情があって出るつもりなかったんですよ。
でも、もしかしたら来月に夢がかなうかもしれない!
夢がかなったら障壁がなくなるわけで、そのとき参加しようかしら?
と思っているけど、何も練習してないのよ。
でも大竹氏は考えた、教室の夏の発表会でドラゴンクエストを弾くので、
それをコンクールで弾こうかしら・・・

繰り返しを省けば2分以内で弾ける曲なので、
それで参加して・・・などなど、夢とおっぱいは膨らみますが、
まずは夢をかなえなくちゃ。

頑張れ、俺!(`・ω・´)

エリーゼコンクール・東京予選1st当日

いきなりなんですよね。
ホント私って唐突なんですよね。
いやね、今週忙しくってね。
まぁいいのいいの。

今日はエリーゼコンクールの予選なんですよ。
私も現地に行きますが、鑑賞するだけで出場はしません( ノД`)
去年に審査員特別賞を頂いたので、
もういいかなぁっていう・・・のは嘘で、
今年は自分の夢に向かって邁進している最中なので、
夢が叶ったら来年にまた出場しようと考えています。

去年の全国大会以来、ステキお姉さんに会える!
メールではちょこちょこやり取りしてたけど、
今日はプーランクのなんとかっていう曲を弾くっておっしゃってた。
がんばれー!超がんばれー!

現地で会える皆さま、よろしくお願いします(^^♪

エリーゼコンクールの思い出・全国大会編その1

なんか記事のタイトルが「キャプテン翼」みたいだけど気にしない。
エリーゼコンクールでは、ステキお姉さんだけではなく他にもいろいろな方に出会いました。
ここではそんな思い出を書いていきたい。

その方は、プラチナ部門(65歳以上)に出演なさっていたおじいさま。
北島三郎の「与作」を完ぺきに弾きこなしていました(; ・`д・´)
よさぁくはぁ きを〜きるぅぅぅ へいへいほー へいへいほぉぉー♪
の、「与作」です。
これをピアノで弾いていた!

おじいさんともなるとね、
「わしゃぁ、死ぬまでにエリーゼのためにが弾きたいんじゃ・・・ふぉっふぉっふぉ」
となりそうなもんですが、そこはスーパーおじいさん。
「与作」ですよ。
ドラクエを弾いてる私もあまり人のことは言えませんが、
「与作」という発想はどこから生まれてくるのでしょうか?( ;∀;)


続く

オーディエンス票のコメントをご紹介!

審査員特別賞はもちろん嬉しいのですが、
何より聴衆の皆様に演奏が届いたという証明である、
オーディエンス票を6枚も頂いたことが嬉しいです。
ここではお名前を伏せることを条件に、6名のコメントをご紹介します。

・堂々とした演奏でした。すばらしかったです。
ありがとうございます。ミスタッチはしましたが堂々とすることを心がけました。

・軽快な感じのするワルツでした。明るい希望がある曲ですね。
そうですよね、ドラゴンクエストシリーズの中で、この「結婚ワルツ」が一番大好きなんです。

・軽快で楽しくなる曲を聞かせていただいてありがとうございます。
この方も「軽快」という言葉を使ってくださいました。こちらこそありがとうございます。

・素晴らしい演奏でした。これだけの力があれば病気も克服できます。がんばれ!!
不健康だけは本当に問題です。去年に手術をして身体はだいぶ良くなりましたが、
精神は手術不可能です。ただ思うのは、引きこもりにならずに外に出て、
人と触れ合うことが最良の薬なんだなぁと改めて思います。
もちろん、私のような障害者に対して心無い態度を取る人もいるかもしれませんが、
それを恐れずに一歩踏み出す勇気を与えてくれたピアノと皆様に、本当に感謝しています。

・軽やかで楽しそうだけど、何か内に秘めているような・・・素敵でした!
 ピアノが歌っているなあと感じました。私も頑張ります!!

ありがとうございます!メチャメチャ字がお上手ですね(笑)
この曲はドラクエ5のエンディングの曲ですが、ただ明るいだけの曲ではなく、
主人公の父が殺されて、奴隷となった不遇の少年時代を振り返る曲でもあるのですよ。
その秘められた苦い想いを明るいワルツに変えて、聴衆に届けようと努力しましたが、
ピアノが歌っているなあと感じていただけたのなら、私の想いは大成功といったところでしょう!

・聴いているだけで幸せな気持ちにさせられるワルツでした。
 高音部が特に軽やかで天使の羽のようでした。本当にありがとうございました。
 これからも素敵なピアノを奏でられますように。

この方も字がお上手です。字が上手な女性って私の中ではポイント高いです(←だからどーした)
結婚ワルツは、ドラクエシリーズの中でも特に人気があって、
個人的にNHK交響楽団の録音がお気に入りなのですが、本当に聴いていて幸せになりますよね。
高音部は自分なりのアレンジで、天国にいる両親に想いを馳せるイメージで弾きました。
これからもピアノ道に精進いたします、またどこかで会えたらよろしくお願いします!

ということで、長くなりましたがご紹介でした!
本当にね、ありえんティだわ、こんな私のようなちっぽけな障害者でも、
皆様の心をほんの数ミリでも動かすことができたのですから。

ここ数日、このブログだけではなく、各方面からお祝いのコメントを頂戴しています。
特に、私がピアノを始めたきっかけの1つでもある、「弾き語りフォーユー」の小原孝先生、
激励のコメントをありがとうございました。いつか必ず再会を果たしたいです。

さて、この辺でコンクールの話題はひとまず終わりにしましょう。
また小出しで思い出などをチョコチョコと書いていきますので、良かったら読んでくださいね。
これからも皆様とともに歩む大竹真人でいたいです。ありがとうございました!

審査員特別賞!

M1480005.JPG

審査員特別賞を頂きました!(`・ω・´) 身に余る光栄でございます!
審査員の阿久澤政行先生、実は以前、1度取り上げさせていただいたことがありますが、
こういう形で評価していただいて、本当に嬉しいです。
あ、見えます?画面左上の方に「阿久澤政行」、画面右下にも「阿久澤政行」とありますね。

で、画面左にあるチラシと、その下に乗っかってるチケットですが、
これは審査員特別賞の副賞です。すげー副賞もくれるんだ太っ腹〜!
はい、先生出演のコンサートのチケットです! もちろん行きますよ〜( ;∀;)
日付が近づいたら、このブログでも宣伝させてくださいね。

そして真ん中の赤い包みですが、モロゾフの高級チョコレートです。
|д゚)まだ開封してませんよ(笑)
このチョコレートは、このブログを見てくださってる方が応援に駆けつけてくださって、
その時に頂いたものです。本当にありがとうございます、私の血となり贅肉となります!

そしてそして、オーディエンス投票で私に投票してくださったなんと6名(!)の方々、
ありがとうございました!1通1通大切に読ませていただきました!
明日このブログで紹介したいと思います。

何度も繰り返しになりますが、応援してくださった皆様に感謝します。
本当にありがとうございました!(^^♪

エリーゼコンクール出演のお知らせ(最終版)

前々から細々と書いていますが、内容が不十分のため、
今回が最後のお知らせとして書きます。

日付:11月21日(土)
ところ:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3〜5F)
アクセス:こちらをご参照ください。
入場料:500円

スケジュール:
11:35 会場
11:50 オープニング
11:55 クラシック部門Bコース
13:20 プラチナ部門
13:50 休憩
14:20 エリーゼ部門
15:50 ポピュラー・ジャズピアノ部門A/Bコース
16:30 オーディエンス投票・休憩
16:40 アンサンブル・ぞうれっしゃイベント
18:50 集合写真
19:00 レセプション開宴(賞発表)
21:00 閉宴

大竹氏出演時間:14:20〜のエリーゼ部門と、15:50〜の部門の2回
・・・と、いうことです。もちろん、いつ来てもいつ帰っても問題ないです。
オーディエンス投票で私宛にコメントすることもできます。
「大竹さん、いつもブログ見てます。良かったら私と付き合ってください!」
そんなコメント DAI・KAN・GEI☆彡

213I0053.jpg

「オスカル様、この人↑チカン(以下略)」
この人がいたらきっと大竹氏だな。(11か月くらい前に撮った写真)
同じ服装で行くので、見かけたら冷やかしてください。

そんな感じですね。ちょっと記事が長くなりましたね。
疑問・質問あればコメントください。
みなさんに会いたいです、よろしくお願いします(^^♪

エリーゼコンクールの思い出・その15

延々続けます。

実はね、私ちょっとだけ勇気を出したんですよ。
ステキお姉さんの荷物を見守って、席に帰ってきて、
「ありがとうございました」と言われ、
「いえいえ・・・」と言ったらそこで試合終了だと思ったんですよ(笑)

「お早いお帰りですね!パッ行ってすぐ帰ってきた!」

と返したんですよ。
そしたらステキお姉さんはニコニコして「実は・・・」、
そのあとからお話が弾んで、「参加者の方ですか?」、
あとはホントにいろんなおしゃべりをしました。

私ってチキンなので、独りで閉じこもっちゃう性格なんですよ。
でも勇気を出してよかったわ。
じゃあ今度、勇気を出してUさんに告白しますか!
なんてことはできません、向こうは仕事で私に関わってくださっているのですから・・・

続く

ちなみに、「ステキお姉さん」という表現、
昔、「ホタルノヒカリ」という少女漫画、あるいはドラマがあったのですが、
そこで主人公の女の子が、「ステキ女子になりたい!」という人間だったので、
そこから「ステキお姉さん」という言葉を自分なりに作りましたが、だからどうした( ゚Д゚)

エリーゼコンクールの思い出・その14

前回で、ベンチに腰掛けてぼーっとしてるところまで書いたッ!


実は私、会場から逃げ出したかったんですよ(笑)
会場に着くとね、みんな楽しそうにしてるんですよ、和気あいあいとしてて。
ほら、私って友達がいないことを売りにしている精神障害者でしょう、だから、
「リア充はみんな吹き飛んでしまえ!」と願っている人間なんです。ダメだね俺。

で、会場についても、ホールに入らず、だって入りたくなかったんだもん、
入らないでロビーのベンチでボーっとしてたんです。ボーっとしていたら・・・
隣に座っていらっしゃったお姉さんが、

「あの、すみません・・・荷物を見ててもらってもいいですか?」 



完ッ!

・・・。

まだ全国大会があるよ、続きますよ!(; ・`д・´)

エリーゼコンクールの思い出・その13

着いた着いた、すみだトリフォニーホール。
まぁ今日は小ホールなんだけどね。

もうね、疲れたよ。
今日は朝も早くから池袋で2時間練習してきたわけでしょ、
そのあとで怖い思いをして電車に乗って、
ようやく着いたわけですよ。
休ませてください!
受付を済ませて、ベンチに腰掛けますかね。

ふー

なんかねぇ、周りの方々は演奏を終えられたんですかね、
みんな笑顔なんですよ、なんだこのリア充の方々は!
俺はね、病気で職もなく年金だけで生活してる障害者ですよ、
いま誰だ「小会社」って言った人は!( ゚Д゚)
そんな俺は誰とも話すことなく独りですよ、
今までも独りだったしこれからも独りなんだ!
もう来ねえよウワーン!ヽ(`Д´)ノ


続く

エリーゼコンクールの思い出・その12

1か月以上も空いたけれど気にしない。

きんしちょう〜 きんしちょうです

もう死にたいんですけど・・・
コンクールがどうこうではなく、統合失調症からか、
消えてなくなりたいという思いが常にあるんだよね・・・
ブログの大竹氏からは想像できないのがツライところだけどね・・・

さて、JR錦糸町駅からすみだトリフォニーホールまでは徒歩5分くらいですかね。
楽勝に着いちゃうけど、その前に飲み物でも買おうか。
駅の売店でアクエリアスを買ったこともきちんと覚えていますよ。

とことこー走るよハム太郎〜

着いた!長かった!ここまでで約4か月弱!
ここからがまた長いんだなこれが。
振り返っていきましょう。


続く

エリーゼコンクールの思い出・その11

あきはばら〜 あきはばらです


つ、ついたよ・・・
秋葉原に行ったことある人ならご存知でしょうけど、
オタクとオタクと私のようなオタクでごった返してるんですよね。

ここから今度はJR総武線に乗り換えて、錦糸町に向かうんだな。
今度は下り電車だから楽勝だよきっと。
上りの新宿方面だったら即死亡だったけどね!

あきはばら〜 あきはばらです


ほら楽勝で座れるじゃん!
というわけで座るんだな。
錦糸町までボーっとしてましょう。

それにしても、これからコンクールだというのに、
ここまでで体力をメチャ消耗してしまった大竹氏であった。


続く

エリーゼコンクールの思い出・その10

ちょっと書かないと当分書かない、が続いているコーナー。
池袋から錦糸町に向かうんだな。

そうそう、まずJR山手線で池袋から秋葉原へ、
JR総武線で秋葉原から錦糸町、という流れだな。
総武線の方はいいよ、各駅だし下り方面だし。
ただ山手線は怖い。日本一混むんでしたっけ?
ぐるぐる回っている路線だから上りとか下りとかあんまり関係ないし、
なにせ東京23区内を走っている路線ですから、
どのくらい混むのか想像できない。

病気もちの私は座れなかったら即死亡です。
というわけで山手線の電車がやってキター!
座りたいようママン!ぷしゅぅぅぅ〜〜〜
立て!立ってくれ!イヤらしい意味はない!
みんな立って私に席を譲ってくれぇぇぇ!

いけぶくろ〜 いけぶくろです

立ったー!またしてもクララが立ったー!
座れる・・・よかった・・・
座れないと気を失って倒れてしまうから・・・
というわけで秋葉原までボーっとしてましょう。

続く

エリーゼコンクールの思い出・その9

調べてみたら実に3週間ぶりのこのコーナー。
もう覚えてないよって方のために、

「前回までの、エリーゼコンクールの思い出ッ!」

(↑アニメ版「ジョジョの奇妙な冒険」のナレーション風に、って誰もわからんって)
(どうでもいいけどアニメ版の放送が終わってしまって悲しすぐる)



いつもキチガイの大竹氏だったが、ある日ふと思いついて、
エリーゼコンクールというものに応募した!
大竹氏は思ったッ!

・・・やっぱり考えるのをやめた・・・ヽ(;´Д`)ノ

なんでしたっけ、そうそう、
池袋のレンタルスタジオでピアノを弾き終わって、
これから錦糸町に向かうところだったね。

というわけで次回に持ち越し!(´・ω・`)

エリーゼコンクールの思い出・その8

昼12時、これから2時間モリモリピアノを弾きます。
たらららら たらららん ・・・
とりあえずいい感じに弾けていると思うよ。
いま何時ですか?
12時30分。
えーまだ30分しか経ってないんですか?
どうしようよ密室で息苦しいし、
この部屋、ピアノと空気清浄器とメトロノームしかないし、
やることないじゃないか!
まぁ、これから始まるコンクールに思いを馳せよう。

しかしだな・・・
なんでこんなにやる気がないのだろうな。
あと3時間後には会場についているのに、
本選で小原孝先生に会いたい気持ちは変わらないけど、
やはり病気は治らないし、薬は飲みまくってるし、
消えてなくなりたいという思いも変わらない。

あぁ・・・
そうこう考えているうちに2時間たった。
午後2時。
これから、ここ池袋から、
錦糸町のすみだトリフォニーホールに向かいます。
だるい・・・(´・ω・`)


続く

エリーゼコンクールの思い出・その7

池袋に着いたら、まずは腹ごしらえだな。
東京芸術劇場の近くに、某ラーメンチェーン店があるので、
そこに行きましょう。

「野菜たっぷりタンメン&半チャーハン&ギョーザセットください」

細マッチョとかどうでもよくね?
的な注文ですが、腹が減っては戦はできません。
うめぇ!もりもり!げぷ
950円です。

さて、時刻は11時30分。
12時から2時間、レンタルスタジオでピアノの練習なんだな。
本番直前の最後のピアノ。
というわけで、個室に引きこもってモリモリ練習。
でも気持ち悪いので薬を飲もう。また2回分くらい飲もうかなアヒャヒャ


続く

エリーゼコンクールの思い出・その6

西白井→新鎌ヶ谷→高砂→日暮里→池袋、と乗りついでいきます。
座れなかったらThe End !
電車がキター!ぷしゅぅぅぅ
おぉ、神よ!これから戦地に赴く私にご加護を!

お客さんが立ち上がったー!
立った!クララが立った!
やったー座れるーふー
取りあえず日暮里までは何とかなりそうだ。
問題は日暮里から池袋までの山手線ですよ。
首都圏に住んでいなくても、山手線が込むことはなんとなく予想がつきませんか?
なんたってグルグル回っているんですよ!(意味不明)

無事に日暮里までついて、次は山手線だ。
怖いよー父さん、魔王がなんか言ってるよー!(シューベルト)
あれって、気が付いたら息子が死んでるというすごい怖い曲なんですよね。
話がそれたが! 山手線がやってキター!
すげー人だー!もうダメだー!ぷしゅうぅぅぅ

・・・あれ?みんな立ったー!クララも立ったー!
なんかみんな日暮里で降りるみたいだね!
俺の時代到来だ!
オスカル!
フランソワ!
ド!
ジャルジェ!
(ババーンッ!)

池袋到着、助かった・・・!

続く

エリーゼコンクールの思い出・その5

いつまで続くのかはよくわかりませんが、
過去のネタでいつまでもご飯を食べるのが好きです。


コンクール当日の朝・・・

3時間しか寝てないじゃないか。
2月のピティナステップのときも2時間しか寝られなかったし、
イベントがあると思うと怖くて寝られないんだな。
家に引きこもっているときは12時間くらい寝るのだけど。

あぁ、眠い。
気持ち悪い。
薬を飲もう。
頓服も持っていこう。

何が怖いかって、満員電車に乗ることですよ。
以前、満員電車に乗って気を失って倒れたことがありました。
電車を止めてしまいました。ごめんなさい生きててヽ(;´Д`)ノ
それ以来、満員電車が恐ろしい。薬を飲んでもダメなものはダメ。
そう思うと朝から死にたくなる・・・
だから私は引きこもりやってるんだよ・・・

まずは、以前もブログで書いたけど、池袋に逝かなくちゃいけなんだな。
レンタルスタジオでピアノを弾くんだ。
ちなみに、このブログのトップの写真あるじゃないですか、
私がグランドピアノ弾いてるコレ
これは、その池袋のレンタルスタジオで撮ったのですが、
またそこに行って練習するわけです。
キチガイさまのおかえりじゃぁぁぁ!・・・どよーん・・・

エリーゼコンクールの思い出・その4

うきうきるんるん♪で本番に臨む前に・・・

くどくどすみませんが、やる気ナッシングの私に生きる勇気を与えてくれたステキお姉さん、
そういえば「小原孝先生に本選で会う!」とか言ってる私はどこへ行ったんだろうね?的な
ことを今になって考えますが当時の私にはそんなことを考える余裕もなかったのであります、
しかし今はステキお姉さんが見てるぞ〜ボク頑張っちゃうぞ〜楽しんで演奏しようアハハ〜

ここでタイムマシーンの登場です(え?)
コンクール当日の朝にタイムスリップしましょう。

てれれてって てってー♪


続く。(いつまで続くの?)

エリーゼコンクールの思い出・その3

私という人間は、なんでもないのに落ち込んだり、価値のない人間だなどと考えたりします。
いつでもどこでも、「なんでもないのに」あーだこーだと考えます。
エリーゼコンクールのときも、あぁ疲れたなぁやる気ないなぁ、
みんなはあんなに楽しそうにしているのに、私はひとりでぼーっとしてて、
今日もひとりでここにきて、当たり前だけどひとりで演奏して、そしてひとりで帰る、
なんとつまらない人生だろうあーたらこーたらうんたらかんたらかくかくしかじか・・・

そこでステキお姉さんの登場ですよ。
このブログをご覧になっている皆様ならわかってくださると思いますが、
大竹氏は美人に弱いんですよ。いや私だけではなく男性ならみんな美人に弱いはずです。
私がしつこく「ステキお姉さん」と書いてるのはまぁそんなわけで、
本当にステキなお姉さんだったのです。そんなお姉さんに「頑張ってください!」、
と言われたらそりゃあ頑張るしかないでしょう!(`・ω・´)

なんと単純なんだ俺。
でも男はみんな単純です。

おかげで「うきうきるんるん(はぁと♪」でしたよマヂで。
あぁ、私に対して「頑張って!」と言ってくれるステキお姉さんがいる、
これだけでどんなにか生きる希望が湧いてきたことでしょう。
生きててよかった!

続く



クラシックの話をします。

昨日の「日本ダービー」は、競馬ファンからは「競馬の祭典」と言われています。
クラシックの祭典と言えば、ストラヴィンスキーの「春の祭典」です。
この曲、聴きどころがよくわかんないんですけど、誰か教えてくださいヽ(;´Д`)ノ

エリーゼコンクールの思い出・その2

続きます。

そのお姉さんは、たぶん受付に行かれたのでしょう。
帰っていらして「ありがとうございました!」と声を掛けられたので、
「お早いですね〜ぱっと行ってぱっと帰った感じですね〜」と返しました。

私ね、本当にやる気なかったんですよ(笑)
会場に着くのもひとりだったし、ひとりで演奏してひとりで帰るつもりだったんです。
でもそのお姉さんがあまりにステキお姉さんだったので、
しばらくお話してみようかなと思ったんですよ。

明るい笑顔と細身の身体とノースリーブとショートヘアと赤いイヤリングと・・・

観察しまくりました。
おまわりさん、この人ヘンタイです!
ぎゃあぁぁぁぁ

なんでも、そのステキお姉さんもコンクールに参加される方らしく、
「スタインウェイの大海原に飛び込んできてください!」と、
励ましの言葉をいただきました。




↑全然うまく表現できていませんが、
ステキお姉さんがいなかったらたぶん会場で泣いてたと思います。
それだけ落ち込んでいたのですよ。死んだほうがマシで。
でも彼女のおかげで、(その一瞬だけでも)私は立ち直れたのだと思います。

続く

エリーゼコンクールの思い出・その1

というわけで、思い出などを書いていきますが、
何より心の底から「ありがとう」と言いたくなる出来事から書きましょう。

実は私、会場から逃げ出したかったんですよ(笑)
会場に着くとね、みんな楽しそうにしてるんですよ、和気あいあいとしてて。
ほら、私って友達がいないことを売りにしている精神障害者でしょう、だから、
リア充はみんな吹き飛んでしまえ!」と願っている人間なんです。ダメだね俺。

で、会場についても、ホールに入らず、だって入りたくなかったんだもん、
入らないでロビーのベンチでボーっとしてたんです。ボーっとしていたら・・・
隣に座っていらっしゃったお姉さんが、

「あの、すみません・・・荷物を見てもらってもいいですか?」

ヽ(;´Д`)ノ

いいんですよ暇だしね、
どっか行くんですかね、
まあいいやね、
「どうぞ〜」と言ったら彼女は猛スピードで荷物を置いて走り去りましたとさ。
ちゃんちゃん。

〜終〜

・・・間違えた、

〜続〜
12>|next>>
pagetop