RSS | ATOM | SEARCH
サンデー・ローズVol.169

169.JPG

 

のどか・・・・・。京成バラ園。また行きたいなぁ。

 

 

 

■お知らせ:来年2月10日(土)に、ビーテックジャパン(虎ノ門)で弾き合い会を実施します!■

 

 大竹氏、頑張った。予約がすぐ埋まっちゃうので10時前から電話しまくった。前回の弾き合い会から2月で半年経つのでね、頃合いかなぁと思いました。2月はステップが終われば時間があるからねσ(゚∀゚ )オレ

 

■午後13時〜17時半までの4時間30分!■

 

 ゆったりたっぷりの〜んびり

 

■参加者は私も含めて8人にする予定■

 

 前回は6人で行いましたが、6人で4時間30分って時間余ると思うし、かといってPiano Circle Salonさんみたく12名になると病気もちの私が死ぬので、まぁ、8名?費用も割り切れるしね(8名の場合おひとり税込み1,080円です)。

 

■ピアノはベーゼンドルファーインペリアル■

 

 前回と一緒です。素晴らしく整っているピアノだと断言できます。

 

■参加者はまだ募集しない■

 

 皆さんのご都合もあるでしょうし、今はまだ募集しません。興味のある方は予定を空けておいてくださいね。募集をいつするかもわかりませんが、今月は皆さんも忙しいでしょうから、まだ未定ですが来年ですかね。随時、弾き合い会の情報をアップしていきますので、興味のある方はブログをチェックしてくださいね(^^♪

 

 とまぁ、ざっくりと「弾き合い会がある」ということだけお知らせしますね。つい1時間ほど前に決まったことなので文章も慌ただしいですが(笑)、ゆっくり出来たころに詳細をアップしましょう。ぜひご参加くださいね!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 11:20
comments(4), -
サンデー・ローズVol.168

168.JPG

 

 立て札、小さすぎてよく見えませんが「笑み」と書いてあります。遠い昔に、こちら ←立て札だけの写真をアップしていましたが、こっちが笑みさんのバラの写真になります。↑過去記事を見ると、就職直前だったのですね。あの頃から少しは成長できたかな?

 

 さて、資格取得に向けて勉強しているのですが、勉強がとても楽しいです。ピアノを弾くよりも勉強するほうに時間を取るということは、どこか心の中で「ピアノよりも大切なことがある」と思っているのかもしれません。もちろんピアノも好きだし大切にしたいですが、「細く長く続ける」ことを最大の目標に、これからも付き合っていきたいです。

 

 

 ただいま低空飛行を続けている当ブログですが、それでも見守ってくださってありがとうございます!皆さまに愛されて4周年を迎え、今後も5年10年と続けていきたいです。それまでに、ピアノに限らずもっと成長して、「エロ動画ばかり見ている大竹EX号」から「スーパー大竹人ゴッド」になりたいなぁと思いました(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 09:08
comments(2), -
サンデー・ローズVol.167

167.JPG

 

 ピンクのバラを見ると、

 「ベルサイユのばら」のロザリーを思い出します。

 私の春風です( ^ω^ )

 

 ここで泣けるお話を・・・。

 

 あるピアニストから私の元に、その方の演奏CDが届けられました。誕生日プレゼントだそうで・・・。この場をお借りして、重ねて感謝申し上げます。まさか36歳になって誕生日プレゼント・・・いや、例えばコメントの書き込みのようなプレゼントは沢山いただいていますが、モノ(CD)を戴けるとは思ってもいなかったので、本当に嬉しく思っています。

 

 そのピアニストとは最近知り合ったばかりで、まだお互いのことをよく知らないのですが、それでも私を贔屓にしてくださっていて、体調を気遣ってくださったり、励ましてくださったり、いつもメッセージを戴いています。メッセージをやり取りする中で、「CDを送りたい」と言われました。そのときは「いえ、買います!」とお返事しましたが、それでも無償で譲っていただけて、ただただ恐縮するばかり・・・。

 

 どのような想いでプレゼントをくださったのか、もちろん真実はわかりませんが、想いを馳せることはできます。きっとピアニストの方は心が綺麗な方で、私と波長が合ったのだろうか、などと考えると、涙が止まりません。世の中にはこんな素敵なピアニストがいる、ということを知っただけでも、私はピアノをしていてよかったと思えます。

 

 と、ここまで長々と書きましたが、肝心のそのCDをまだ聴いていません。来年1月末の試験と2月上旬のピティナステップまでは大車輪の忙しさなので、ホッと一息つけるころに聴くことにして、お返事はお手紙をお送りしますね。本当にありがとうございました!

 

 あとは、そのピアニストの方がこの記事を見てくださいますように(笑)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 12:16
comments(0), -
サンデー・ローズVol.166

166.JPG

 

 アイズ フォー・ユー? ファイナルファンタジーVIIIに「Eyes on Me」っていう曲ありますけど、どういう意味なんでしょうね?この曲、当時テレビCMでバンバン流れていたっけなぁ、懐かしいなぁ・・・

 

 ブログを更新できず、日が経ってしまいました。大竹氏の動静を簡単に少し。

 

【銀座で食事】

 先週の土曜日、Piano Circle Salonで知り合った女性2人と、銀座で食事しました。注文したはずの料理よりも豪華な料理が振る舞われ、帰りがけに「注文した料理と違うんですけど」→「失礼しました、お値段はそのままで」というコンボを繰り広げ、一人当たり3,000円ほどトクしちゃいました。いやぁ、お店には申し訳ないけれど、私ってツイてるなぁ〜?

 

【第9回サロン】

 昨日の土曜日、サロンでした。大竹氏は体調が絶不調で、ほとんど何も喋れずに黙ってうつむいていました。が、昨日は天才少女2人が天才ぶりを繰り広げていて、参加してよかったなぁって思いました。24歳の天才さん、「ブログやってるんですかぁ?」って言ってくれてありがとう、もし見てくださっていたら何かコメント頂きたいですね。こちらの体調が悪くて、ほとんどしゃべる機会はなかったけれど、またお会いしたいです(^^♪ もちろん、お誘いしたもう1人の天才も!(^◇^)

 

【出版社でのインタビュー】

 サロンの前日の夜、とある出版社でインタビューを受けるために日本橋へ行きました。なんでも、統合失調症を研究されているらしく、その代表として私に白羽の矢が立った、ということでしょうか。1時間30分のインタビューで、謝礼2万円も貰っちゃって、「え?もしかして俺の言葉ってカネ取れるんじゃね?( ゚Д゚)」と、勘違いもはなはだしいことを考えたりとかして、楽しいひとときでした。インタビューの模様は、数か月後に出版社のホームページにアップされますので、またこのブログでご連絡いたしますね。

 

【来年1月の試験に向けて勉強中】

 実はいま、ある資格の勉強をしている最中です。そのため、平日はブログをお休みさせて頂いています。勉強自体は楽しいのですが、ピアノの練習時間がほぼ無くなってしまいました。でも、1月の試験が終わって、来年のエリーゼコンクールに向けてまた曲を練習しますよ、頑張りますよ。

 

【来年2月の地元ステップ】

 2月は、毎年恒例の地元のピティナステップです。ステップを受けるのは今回が5回目なので継続表彰を貰えますね!(^^♪ 曲目は当然ドラゴンクエストシリーズから弾くのですが、この曲は楽しい。っていうか懐かしい。練習時間はほぼ無くなってしまったけれど、少しずつ練習していきます。ステップの動画は、こちらのブログでアップロード予定です。お楽しみに!

 

【お詫び】

 「エリーゼコンクールの演奏動画はないのですか?」と、ある方々から問い合わせがあったのですが、ごめんなさいありません!三脚を銀座まで持って行くのが大変なんですよ重くて。いや、コンクールは非常にいい出来だったので、ぜひ動画を撮りたかったのです。来年コンクールの機会があれば、頑張って撮りますね!

 

 そんなわけで、大車輪の忙しさ?ですが、23日の勤労感謝の日に、更新したい出来事があるので、お楽しみに・・・「フンメル・ピアノ・トリオ」コンサートの感想です!(; ・`д・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 11:34
comments(2), -
サンデー・ローズVol.165

165.JPG

 

 この名前を聞くと、ロシア5人組の某作曲家を某交響組曲を思い出すほかありません。ちなみに、ドラゴンクエストのオケ版が「交響組曲」と名付けられたのは、多分このシェエラザードの題材である「千一夜"物語"」からヒントを得たのだろうと勝手に推測します。ドラゴンクエストも、すぎやまこういち先生曰く「中世ヨーロッパの騎士"物語"」が下敷きですからね。

 

 さて、エリーゼコンクール本選まで、あと5日となりました。大竹氏は例によって風邪を引いてしまい( ;∀;)、ピアノをほとんど弾いておりませんが(風邪は引くけどピアノは弾かない)、泣いても笑っても本番はやってくるので、あとは当日を待つのみです。もしよろしければ、皆さまも遊びに来てください!

 

■エリーゼ音楽祭〜大人のためのピアノコンクール〜本選:1日目■

 

日付:11月3日(金・祝)

出場時刻:おおよそ昼の12時〜12時半の間

曲目:ドラゴンクエストIIより「この道わが旅」

場所:ヤマハホール(銀座)

入場料:500円

 

 1日目は、基本的に初級者部門の方々がメインですが、メインが終わった後に、「アンサンブル部門」と「マスター部門」という、1日目だけの特別な部門が行われます。これは聴いたら楽しいですよ。宣伝ではなく、これ聴くだけでも行く価値はありますよ。だって、大竹氏のショボい演奏なんてYouTubeで聴けばよくね?私よりも上手い方々の演奏を聴くべきです(笑)

 

 マスター部門と言えば、8月末に当ブログ主催の弾き合い会を行った時に参加してくださった、ハンドルネーム「くじら」さんがマスター部門に出場されます。もう金賞やら大賞やら、賞を総なめにされている方ですが、今回はマスター部門に参加ということで、くじらさんの演奏をまた聴けることを楽しみにしています。くじらさん、お互いに頑張りましょう!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

 応援、よろしくお願いします!('◇')ゞ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 09:35
comments(4), -
サンデー・ローズVol.164

164.JPG

 

 これぞ、正統派のバラ!って感じがしますね。

 立て札だけですが(;^ω^)

 

 昨日は、サロンコンサートありがとうございました!色々な方々から「ブログ見てますぅ」と言って頂いて、恐悦至極に存じ奉ります!(; ・`д・´)武士っ 実は昨日、なぜか深夜の2時半に目が覚め、ラジオ深夜便を聴きながら悶々としていました。頭痛はするわゲロ吐きそうになるわ、バファリンプレミアムを4錠飲んで、キューピーコーワゴールドα+を2錠飲んで、薬用養命酒を2杯飲んで、統合失調症の薬を2錠飲むという超ドーピングのせいで、国際オナニンピック委員会から永久追放されてしまいそうでした( ゚Д゚)

 

 コンサート前のリハーサルでは超めちゃくちゃだったけど、「大丈夫、オレ本番に強いから」と言い聞かせて本番に臨みました。本番も、ミスタッチとかどうしてもあったけれど、聴いてくださった方々からは凄く好評をいただいて、特に「本当にドラクエ好きっていうのが伝わってきた!」というお声には嬉しかったですね。この模様は、また近日に動画をアップロードしますので、聴いてくださいね(^^♪

 

 もうひとつ。

 

 実は、悩んでいた理由のひとつに、「将来進みたい、進むべき道が見通せないこと」があったのですが(詳しくは時が経ったら言いますね)、それが解消されて、つまり進みたい道が定まって、これからそれに向けて邁進するところです。理不尽な病気で障害者になってしまったけれど、私の人生、このままで終わりたくないんですよね。そう、だから、今は元気です!(^^♪ 心配してくださった方々、ありがとうございます!私も祈っていますよ、皆さまの悩み苦しみがなくなりますように、って・・・

 

 明日からまた仕事だけど、仕事も頑張って、趣味も頑張れる、とても幸せなことだなぁと思います。秋本番で寒くなってきましたが、皆さま体調にはくれぐれもお気をつけて、ご自愛くださいね(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 08:17
comments(0), -
サンデー・ローズVol.163

163.JPG

 

 ↑「エドガー ドガ」というバラだそうです。咲き乱れている感じのするバラですね(^^♪

 

 昨日の記事、反省しなければなりません。つまり、「私はこんなに不安に思ってるんだよぉわかってくれよぉ」という弱さの表れだと思います。弱いだけならまだよいものの、「私って実はこんなに心が綺麗なんですよぉ凄いでしょぉ」という自慢にも聞こえるという、重度の精神病にありがちなパターンを引きずっていますね。この場を借りて大いに反省いたします。

 

 ここからが大切で、「なぜ私はそう思ったのだろう?」「どうしたら不安を楽しみに昇華できるだろう」と考えて、「もっとピアノを楽しみたいな」とか「ピアノから生まれた友人をもっと大切にしたいな」と、楽しいことを考えられたら、精神病のトンネルから抜けられる入り口に入ることができるのである、と、さっき読んだ本にそう書いてありました。後は実践あるのみですよね。もし、いま精神病に悩まれている人がいて、指針を見失っている方がいらっしゃったら、いま書いてみたことを参考にしてみてくださいね。

 

 コンサートは次の土曜日ですが、エリーゼコンクール本選は11月3日です。もう1か月を切っていますので、また近いうちに告知を出しますね。いま、ピアノを弾くことが本当に楽しいんですよ。もちろん、緊張もしますし演奏もヘタ、しかも練習が嫌いですけど(笑)

 

 今日は1日OFF!

 ゆっくり充電!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 05:48
comments(6), -
サンデー・ローズVol.162

162.JPG

 

 左右とも「ハンディ クルム ローズ」と書いてあります。名前の意味はわかりませんが、明るくゴージャスなバラですね。京成バラ園は色々なバラがあって、見ていて飽きませんね(^^♪

 

 さて、「サンデー・ローズ」のコーナーは、元々は京成バラ園のバラをアップロードしながら、ベルサイユのばらについて好き勝手に語るというコーナーでした。久しぶりにベルばらのお話し。昨日は、ベルサイユのばら同好会のオフ会でした。若い人はいなかったけれど、というか私が一番若かったけど( ゚Д゚)、お話は尽きずに楽しいひとときでした。とりあえず、フェルゼンとロザリー推しの私としては、言いたいことは言えたかなぁと思います。あとディアンヌちゃんが再評価されて嬉しい。語ると長くなるのでこれくらいで(笑)

 

 

M1700019.JPG

 

銀座の一等地にある高級個室店。

外装だけ。内装は撮らなかったけど、

ベルサイユルーム」という、

豪華絢爛きらびやかな個室でした。

 

M1700021.JPG

 

M1700022.JPG

 

フェルゼン推しの私のためにわざわざお菓子まで( ;∀;)

(貴公子がフェルゼンね)

 

M1700025.JPG

 

 私のような女子には嬉しい、マリー・アントワネットが愛したバラの成分が入っているローズティーと、ローズゼリー?です。プレゼントを頂いてばかりで差し上げるものが何もない、いつものパターンでございます。わざわざありがとうございました!(^^♪

 

 ピアノもクラシックも関係ないですが、たまには「サンデー・ローズ」の趣旨に帰るのも、悪くはないですね。と個人的にそう思っています。お話について来れない方は本当にごめんなさい、つまりは、「楽しかった!」ということでした!(^◇^)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 13:08
comments(2), -
サンデー・ローズVol.161

161.JPG

 

 ↑左が「ルシファー」で、右が「きらり」。きらりちゃんの方が好きかな。ルシファーちゃんは名前が天使っぽいけど、見ごろが終わっちゃって(´・ω:;.:... となっている感じですね。

 

 昨日はPiano Circle Salonの集まりでした。以前、吉松隆さんの話題で盛り上がった方から、プレイアデス舞曲集より「数え直しのワルツ」という曲の楽譜を頂いてしまいました。家に帰ってちょっと弾いてみたのですが、やはりまだ自分のレベルでは難しそうですね。でも、暇を見つけて少しずつ練習しますね。ありがとうございました!

 

 以前の当ブログ主催の弾き合い会なんですけどね、私が思っている以上に好評価を頂けたことや、B-Techのベーゼンドルファーインペリアルが凄く良かったことや、個人的にもお知り合いが増えてきたので、また先々に同じ会場でやりたいなと思っています。幹事を務めてみて初めて知ったのですが、幹事って大変ですけど、気持ちに張りが出るんですよね。「皆さんに喜んでもらいたい!」という張りですね。それに、参加者が集まらなかったらそれはそれで、私がひとりで弾けばいいだけの話なので(笑)

 

 まだ具体的に「いついつ」という話ではないのですが、またお相手してくださいね(^^♪

 

 今週の水曜日に、コンサート出演の告知しますね!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 10:56
comments(2), -
サンデー・ローズVol.160

M1160125.JPG

 

 サンデー・ローズ、前回は159(異国)で、今回は160、少し強引ですけど、いろお(胃漏)ですかね。死ぬ時も健康でいたいですね。いたいです・・・遺体です( ;∀;) ちなみに写真の下の立て札、「黒蝶」だそうです。読み仮名は「こくちょう」ではなく「くろちょう」だそうです。知ったところで何がどうなる、という感じでございます( ˘•ω•˘ )

 

 昨日、ある方から「ドラゴンクエスト4の"ジプシーダンス"を検索すると"公式"の踊りが出てくるよ!面白いよ!」とうかがって、早速家に帰って調べると、これはウケたw 昨日からもう「ジプシーダンス祭り」が私の中でフィーバーしています(; ・`д・´) ここで、ジプシーダンスを聴き比べてみましょう。ブログが重くなるのを許してほしいですが、お付き合いください。

 

 

↑ファミコンの原曲。全国の「ファミっ子」はこの曲があまりにカッコよくておもらしをしたのは有名な話(^◇^)

 

 

↑東京都交響楽団・NHK交響楽団の聴き比べ。最新版の都響の方が聴きやすいかな。

 

 

↑もうこの発想が凄いw

 

 

↑ピアノで弾くとこうなります。カッコいいね!

 

 

↑これが「公式」の踊りです。これ、作った人も踊った人もスゴイ本気度です。あまりに本気すぎて逆にウケるw 27年前にこの曲が誕生した時、まさか遠い未来にこのような踊りが誕生するとは、制作陣も夢にも思わなかったでしょうね。

 

教えてくださった方、どうもありがとうございます!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 14:59
comments(8), -