RSS | ATOM | SEARCH
明日は「銀座de梅の会」!

https://www.facebook.com/events/1871190119857983/

 

 公式Facebookからの情報です。明日、銀座のYAMAHAホール(エリーゼコンクールの本選会場)で、アマチュアによるアマチュアのためのコンサートがあります。私も行く予定です。YAMAHAなのでピアノや楽譜も売ってたりしますが、その建物内にあるホールでのコンサートです。

 

 もっと詳しく書きたいですが、詳細は公式Facebookページに譲るとして、大竹氏はこれから病院へ行かなければならぬ。遠いんだこれが( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 06:53
comments(0), -
ファミリークラシックコンサート「ドラゴンクエストの世界」!!!

のチケットが!

たった今!

取れた!

はず・・・

 

 なんか知らんけど、転売目的防止のせいもあるのか仕様が変わってて、"Cloakシステム"というものになっててよくわからん状態で購入したので((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしています。発券は明日以降って書いてあるので、Cloakで「セブンイレブンで発券します!」って意思表示をすれば貰えるんだろうか?こうしてネットって世界はどんどんややこしくなっていくのね・・・ファミコンは良いよファミコンは。十字ボタンAボタンBボタンと、スタート・セレクトボタンですべてが広がる世界ですからね(^◇^)

 

 いま調べたらチケットはもう完売だそうで、俺ラッキーです。すぎやまこういち先生を拝見するのは何年ぶりになるだろう。また東京芸術劇場のトイレで、ドラクエ原作者の堀井雄二さんとバッタリ連れションすることもあるだろうか?(あの時はマジでビビった)

 

 また新たな冒険の旅へ、池袋まで行ってきます!(`・ω・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 10:42
comments(2), -
明日は「バレエ・ドラゴンクエスト」です!

https://www.sdballet.com/performances/1805_dragonquest/

 

楽しみです!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 16:08
comments(2), -
あなたは「ヨハン・ネポムーク・フンメル」なる作曲家をご存知か?

 というわけで、コンサートから1か月以上経ってしまいましたが、「フンメル・ピアノ・トリオ・コンサート」の感想を書きたいと思います。が、その前に、皆さんは「フンメル」っていう作曲家をご存知ですか?私は名前だけしか知らず、どういう時代に生き、どういう曲を書いたのか、全く知りませんでした。というわけで、ここでご紹介させていただきたいので、プログラムより転載させていただきます。いいですよね、岳本恭治先生?(笑)

 

 ヨハン・ネポムーク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel・1778-1837)

 W.A.モーツァルトの数少ない内弟子の一人。現在のスロヴァキア出身の作曲家、ピアニスト。8歳でウィーンのモーツァルトの家に住込み2年間に渡りピアノを師事。1789年から父と共にヨーロッパ各地を巡演し、神童として喝采を浴びた。その後1804年、ハイドンの後任としてエステルハージ家宮廷楽長、1816年よりシュトゥットガルト、1819年よりワイマール宮廷の楽長を歴任する一方、作曲のみならず出版、演奏など活発な活動を展開してヨーロッパ最高の作曲家、ピアニストの一人に数えられ、ベートーヴェンと並び称される巨匠として音楽界に君臨した。シューベルト、メンデルスゾーン、チェルニー、ショパン、シューマン、リストらに影響を与えた。音楽市場の動向に敏感で、当時はまだ不十分だった著作権の確立のために奔走した。

 

 すげー!フンメルすげー!まずモーツァルトの内弟子だったことがスゲーでしょ、それにハイドンの後任としてエステルハージ家の宮廷楽長だったところなんて超スゲーでしょ、きっとお金に困らない人生を送ったのだろうよ、羨ましすぎます( ;∀;)

 

 ところで、↑の青字を読んでいて思ったんですけど、当時のベートーヴェンってどこまで売れっ子だったのか、私は自信がない・・・いやだって、オペラをヒットさせることが作曲家の地位を確立するという時代において、彼の唯一のオペラ「フィデリオ」は成功したとは言い難いし、そもそも当時、彼の一番のヒット作が「ウェリントンの勝利」だった(とされる)、という点も鑑みると、「実はロッシーニの方が凄くね?(当時の話ね)」と大竹氏は前々から思っていました( ゚Д゚)

 

 あ、話がそれてしまったけれど、その超売れっ子だったのかいまいち自信がない(しつこいけど当時の話ね)ベートーヴェンと並び称される巨匠として音楽会に君臨したフンメル大先生のピアノトリオ4曲を聴いてまいりました。これは美味しかった・・・所々モーツァルトっぽい感じしますね。でも、古典からロマンへの過渡期の真っ只中を生き抜いた人らしく、ロマンティシズム溢れるメロディーもちらほらと聴けました。特に、「協奏曲風大三重奏曲」の華やかさといったら!プログラムに書いてありますね、「ピアノ三重奏で演奏されるピアノ協奏曲である」と!(^^♪

 

 そんなわけで、ここで日本フンメル協会のホームページへのリンク(→こちら!)と、当日のピアノを担当された、日本フンメル協会会長の岳本恭治先生とのツーショット写真をパシャリ。

 

M1700052.JPG

 

 岳本先生、お疲れさまでした!

 

M1700051.JPG

 

 終演後の舞台。

 カワイ表参道「パウゼ」の内装です。

 オシャレなホール!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 15:05
comments(2), -
本日は、Piano Circle Salonのサロン・コンサートです!

 ここは「大竹氏のリア充っぷり」を語るブログではなぁぁぁい!本当はお金も彼女もないんです、せめてお金持ちになったつもりに、美人の彼女ができたつもりになるブログでございます。だって私にとってクラシックってそんなもん(笑)ですもの。何もなくても音楽があれば、ね。

 

 今日は、Piano Circle Salonさま主催のコンサートの日です。

 ここで改めてプログラムを振り返ってみましょう。

 

プログラム(ブログ用).jpg

 

 はみ出してますが許してください。このショパン率の高さ!さすがピアノの詩人です。その中に混じってドラゴンクエストという強気?のプログラム。ちなみに、ある人に「選曲理由は?」と聞かれたのですが、「いやぁ、今年はドラゴンクエスト2発売30周年なので、記念として・・・」と答えるしかなかった(笑)先日の「ドラゴンクエスト・マーチ」にしても「王城」にしてもそうですが、たまたまレパートリーがドラクエ2に偏っただけなんですけどね。あとひとつ選曲理由があるとすれば、「洞窟&塔から通常戦&ラスボス戦そしてエンディングへ」という流れを意識したかったのです。そういうストーリーを、皆さまにも楽しんでいただければいいなぁと思いました。

 

 今日の東京(我が千葉も)は寒い!

 体調を崩さないで弾き切れますように!

 皆さま、よろしくお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 08:28
comments(11), -
柏原奈穂さん主演:ドニゼッティ「愛の妙薬」を観に行く

というわけで観て参りました!

オペラいいねオペラ。

「酒と泪と男と女」の世界でした。

駆け足で振り返ります!

 

M1700035.JPG

 

↑左:軍人のベルコーレ。右:薬屋のドゥルカマーラ。

観客にお酒とジュースを振る舞っているところ。

カツラをかぶってる方の右手にワインが!

 

M1700039.JPG

 

↑左:「2番目に美人」のジャンネッタ。右:「地味」だけど男らしいネモリーノ。

生ハムを振る舞っているところ。

 

M1700043.JPG

 

↑ネモリーノがせっせと生ハムを切っているよ!

まさかオペラを聴きながら生ハム解体ショーを見られるとは!

 

M1700044.JPG

 

↑生ハムいただきました。

そんなにしょっぱくなくて美味しい!

 

M1700045.JPG

 

↑私はお酒は飲めない体質なので、トロピカルジュースを頂きました。

飲食自由、という奇妙な公演でした(;^ω^)

 

M1700048.JPG

 

↑ハートマークが1個多いぞ!!!(; ・`д・´)

 これが「心が汚い」と悩んでいる独身男性ですよ!!!

 なんだか髪の毛が薄くなっているような気がするのは気のせいか!?

 でも、柏原さんから「爽やかなオーラが漂っている」と言われ、

 爽やかな奈穂さんとツーショット出来て嬉しいのでした!(≧∇≦)

 

 物語的には、字幕が破天荒で凄かったりとか、演者がウサイン・ボルトやビリー隊長のモノマネをやってみたり(ベルコーレが軍人だから?)とか、他にも小ネタが散りばめられていそうなオペラでしたが、集約すると、奈穂さんとツーショット出来て嬉しい!ってことですね!(^^♪

 

 

 「愛の妙薬」の中でもひときわ有名な、

 ネモリーノのアリア「人知れぬ涙」。

 私も、流した涙の量だけは人には負けないけれど、

 これが報われるのはいつの日か( ;∀;)

 

 奈穂さん、お疲れさまでした!(^^♪

 

 完!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 19:49
comments(2), -
柏原奈穂さん(ソプラノ)主演のオペラに行ってきます!

 ありがたいことに、本当にありがたいことに、私には友人がいて、その方々と関りがあるというだけで、生活に張りが出るのです。励ましてくださった方、直接励ましてはいないけれど心配してくださった方、「大竹氏って泣きごとばっかじゃん」と思っていても口出ししなかった方も含め、すべての方々に「ありがとう」の言葉を述べたいです。

 

 今日は3連休の最後ですが、これから都内の中目黒へ行ってきます。最寄り駅は中目黒だけど、住所は渋谷区になるのかしら?えーと、ホールの名前なんだっけ、忘れちゃったけど、友人の柏原奈穂さんが主演を務めるオペラ、ドニゼッティ「愛の妙薬」を観に行きます。オペラといっても、フルオーケストラがジャーン!とやるものじゃなくて、ピアノ伴奏とソリストの5名?のみ?でやる、小ホール向きの規模で演奏されるようです。

 

M1650016.JPG

 

 ちなみに、

 ↑左の、花束を持ってる方が柏原奈穂さんです。

 右が妹の柏原美緒さんで、真ん中がアタマお花畑の人( ;∀;)

 今日もカメラを持って行きます。写真とれるといいな〜!

 

M1700033.JPG

 

 ↑おまけ。

 我が家のワンコが先週に10歳の節目をむかえました!

 これからも元気で長生きしてね(^^♪

 私の悩みを黙って聞いてくれる最大のお友達です(ノД`)・゜・。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 09:06
comments(10), -
コンサート出演のお知らせ

プログラム(ブログ用).jpg

 

 はみ出しているのである。

 さて、大竹氏は何を弾くのでしょうか?(;^ω^)

 

 というわけで、Piano Circle Salonさま主催のコンサートに出演します!主催者様が素敵なチラシ(フライヤーっていうんですか?)を作ってくださったので、そのまま貼り付けます!詳しくは、サロンのブログ、こちらをご覧ください!

 

 10月14日(土)13時45分開場・午後2時開演、シンフォニーサロン201号室です。

 どうぞよろしく!(^^♪

 

 

 吾輩は動画で語る男である。名前はまだない。

 ちなみに、蒸し暑いのにジャケットを着てるのは、

 お腹がデヴすぎて必死に隠しているからなのである!ヽ(`Д´)ノ

 

 完

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 18:53
comments(14), -
キット・アームストロング ピアノリサイタル

KIMG0057_20170905192143.JPG

 

ボケボケである。

これだからスマホのカメラは嫌いなのである。

名前はまだない。

 

 

M1700012.JPG

 

これプログラム。中は・・・↓

 

 

M1700013.JPG

 

頑張って拡大してるけど若干ボケてる。

 

KIMG0056_20170905192201.JPG

 

この立て札、大ウソつきです。

なんでルネサンス、バロックの曲が続いてリストの超絶?

って感じですよね。

正解はこちら

まぁ、「夕べの調べ」と「夕べの鐘」、

混ざってしまうのは理解できます。

 

 というわけで行ってまいりました。当日の朝になって、色々な方に「一緒に行きませんか!!!!!!!ズドバーン!!!!!」と誘ってしまうまして申し訳ありませんでした。そして、無理なお願いにも関わらず一緒に行ってくださった方、本当に感謝しています。名前は挙げませんが、その節はどうもありがとうございました。チケットが無駄にならずにすんでよかった・・・。

 

 今年25歳になるというアジア系アメリカ人ピアニストですが、ゴルトベルク変奏曲の演奏がいい意味でおっさんっぽくて好きだった。若い人って技巧を見せたがるというか、「グールドよりも早く弾いちゃうもんね!」という意識になってもおかしくないと思いますが、非常にゆったりしたテンポでわたし好みでした。ただ、アンコールいります?「アリア・ダ・カーポ」がアンコールって感じじゃありませんかこの曲って。そのまま消えるように終わってくれたら余韻に浸りながら帰れたのに。そして余韻に浸りながら撮った「東京スカイツリー」の写真がどこかへ行ってしまって、やはりスマホの写真機能はダメだなあと思いながら岐路に着いたのでした。

 

 ちなみに、大竹氏が「ゴルトベルク変奏曲」の中で一番好きなのは第30変奏「クオドリベット(お好きなように、って訳されることが多いみたい)」です。これ泣ける曲でしょ。完全に「ゴルトベルク変奏曲」という「人生」を総括してるでしょ。そしてアリア・ダ・カーポで永遠の眠りにつく、というストーリーです。81年版グールドの演奏聴いてくださいよ、泣けるから( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

 今週中にドラゴンクエストマーチ、アップしますよ、しますけど、何も言えない演奏です( ゚Д゚)

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 19:57
comments(4), -
バレエ・ドラゴンクエストを観に行く・その4

KIMG0019_20170514092153.JPG

 

「3日間(土日月)続けてドラゴンクエストのお話をする第1夜」

 

 スターダンサーズ・バレエ団は、きっと勇者よりも武器商人(トルネコ)を主役にしたかったと思うんだw 目立ちすぎです(笑)これ、何をしているのかというと、↓2つ前の記事↓にも書いてあるのですが、白の勇者がこの剣を気に入って、鞘を抜こうとするのですが、その前にトルネコが入ってきて「ダメ、抜けないの。試してみるよ!ふんぬぬぬ!!!(*´Д`)」ってやってるのが↑の写真になります。その後、賢者に促されて白の勇者が無事に剣を抜くわけです。まぁ、トルネコのこのポーズは、「魔女の宅急便」の主人公みたいで萌えますよね(*´Д`)

 

 続く

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:コンサート鑑賞, 18:18
comments(2), -