RSS | ATOM | SEARCH
さようなら、おばあちゃん

私のことを「ハンサムね…」

と言ってくれたおばあちゃんの家が、

取り壊されてゆく・・・

 

あの土地には誰が住むのだろう。

良い人だといいな。

 

また新たな時代が始まる。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 05:22
comments(2), -
弾き合い会の参加者募集を締め切りました!

 ただいまを持ちまして無事に参加者8名集まりましたので、募集を締め切ります。多数のお問い合わせ、ありがとうございました!

 

 これからが大竹氏の正念場で、皆さまに喜んでいただけるように段取りをします。ピアノ&スタジオは最高だと断言できるので、あとは食事場所など、その他の部分でどうしようかなと考えています。

 

 弾き合い会の約1週間前になりましたら、参加者の皆さまには個別に、集合場所や時間などを記載したメールをお送りしますので、楽しみにお待ちくださいね。

 

 それでは、2月10日(土)に!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 11:10
comments(0), -
2月10日(土)に、ピアノ弾き合い会を実施します。ただいま参加者を募集中です!

平成30年1月6日10:00を回りました。

ただいまより、弾き合い会の参加者を募集します!

 

■日時■

2018年2月10日(土)13:00〜17:30

 

■場所■

東京・虎ノ門「B-Techジャパン・東京スタジオ

(最寄り駅:虎ノ門、霞が関、内幸町の各駅)

 

■ピアノ■

ベーゼンドルファー・インペリアル

 

■募集人数■

幹事(大竹)も含め最大8名

 

■おひとり当たりの持ち時間■

4時間30分(270分)÷8 ≒ 約"33分"です。

お互いに譲り合って、なるべく均等になるようご協力をお願いします。

 

■参加料金■

8名参加の場合、おひとり税込1,080円(8,640円÷8名)

参加料金は当日清算です、幹事までお渡しください。

釣銭が発生しないようにご協力をお願いします。

 

■持ち物■

楽譜、飲み物、参加料金をお持ちください。

 

■FAQ■

 

Q:わたし、ピアノが下手なんですけど・・・

A:キャリアは問いません、ピアノが好きであればぜひぜひ!

 

Q:クラシックのことはわからなくて・・・

A:ポピュラー、ゲーム、映画音楽など、なんでも大歓迎です。クラシックでも、そうでなくても、ピアノを愛する心があれば、ジャンルは問いません!

 

Q:先のスケジュールがまだわからなくて・・・

A:わからなくとも、「参加したい!」と思っていらっしゃるのであれば受け付けます。もし当日、予定が入ってしまったらご一報くだされば大丈夫です。"とりあえず"の意思表示だけでも大歓迎です。

 

Q:人とコミュニケーションを取るのが苦手で・・・

A:少なくとも、このブログを見てくださってる方は、優しい方々ばかりですのでご安心ください。実際に幹事も大人数が苦手なので、8名という人数に設定したのです。少人数でまったり過ごしましょうね!

 

■参加の応募、幹事までの連絡先は↓まで■

 

ohtake1110★gmail.com

(大竹真人宛。★をアットマークに変えてくださいね)

 

-------------------------

 

皆さまからのご応募、お待ちしております!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 10:00
comments(2), -
欠番( ;∀;)

大竹氏ドタバタにつき、

この記事は欠番!

 

ただいま、弾き合い会の参加者募集中!

詳しくは → こちら

奮ってご応募ください!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 08:15
comments(0), -
謹賀新年2018

 あけましておめでとうございます。

 今年もどうぞよろしくお願いします!

 

 今年の目標のひとつ。

 記事をダラダラと長く書かない(笑)

 想いは短文で伝えましょう。

 

 6日(土)10:00より、弾き合い会の参加者募集です。

 詳しくは → こちら

 参加者が集まりますように(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 18:51
comments(8), -
2017年・・・完!

 2017年が暮れようとしています。最近の大竹氏は真面目すぎて、なんらおもろいこと書いてないのですが、1年の締めくくりなので真面目にいきたいと思います。

 

 今年も良い1年でした。無事に仕事も続けられ(←これ重要ですね)、ピアノコンクールで賞をいただき、ピアノの仲間にも巡り合い、・・・個人的には、11月に都内某所で受けてきた、統合失調症を代表してのインタビューも良い思い出ですが、これは来年の2月〜3月あたりにアップロードされるらしいので今から楽しみです・・・などなど、盛りだくさんの内容でした。ブログのほうも、良質で面白い音楽をご紹介できて何よりでした。

 

 来年は来年で、「こうする!」という目標を立てています。公表することで自分にプレッシャーを掛けたいと思いますが、その公表は来年に入ってからにしましょう。

 

 精神障害者ゆえ、皆さまにご迷惑をお掛けした部分もあるかもしれませんが、どうかご容赦ください。このブログは音楽のブログなので、あまり障害について語ってはいませんが、統合失調症インタビューがアップロードされたあたりで思う存分、語りたいと思います。

 

 来年も、勃起したおちんちんのように、たくましく生きていきたいです。真面目すぎてすみませんでした( ゚Д゚)

 

 皆さまに栄光あれ! Gloria!! ありがとうございました!(^^♪

 

 2017年・・・完!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 09:23
comments(2), -
今年は「ロックマン2」生誕30周年でした!

 ファミコンを愛するものとして、このお話をしなければ年は越せません。今年(2017年)は、アクションゲームの傑作「ロックマン」シリーズの中でも最高傑作と言われる、ロックマン2の発売から30年にあたります。このブログではいつもドラクエのお話しばかりですが、大竹氏はファイナルファンタジーだってマリオだってゼルダだってロックマンだってグラディウスだってツインビーだって(延々・・・)遊んできたので、今回はドラクエは抜きにしてゲームのお話です。

 

 名作の名作たるゆえんとして、音楽の素晴らしさが挙げられると思います。ロックマンシリーズは音楽が素晴らしい。その近未来的な音楽は、当時のちびっ子たちを魅了してやみませんでした。その音楽を、ロックなアレンジで全曲を通して演奏したトンでも動画があるのでご紹介します。さすがアメリカンはやることが違うぜ!(`・ω・´)

 

 ただ、このゲームをプレイしたことのない人には、どこが面白い動画なのかわからないと思うので、ファミコン音楽史上、綺羅星のごとく輝いている曲、「ワイリーステージ1」の音楽を聴いて頂きたい・・・と思って、その位置から動画が再生されるようにしました。↓

 

 

 この「ワイリーステージ1」のメロディで心を揺さぶられた少年たちが大人になって、色々な編曲モノを作っています。

 

 太鼓の達人とか、 

 マリオなのかロックマンなのかわからないゲームとか、

 ひとりアカペラで歌ってみたアメリカ人とか、

 JPOPっぽくアレンジした日本人とか、

 

 他にもあるんですけどキリがないほど、色々な方々が編曲なさっています。いかに愛されている音楽だったか、30年前の私には知る由もない・・・。ファミコンは素晴らしい、つくづくそう思います。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 13:25
comments(2), -
2018年2月10日(土)にピアノ弾き合い会を実施します!・・・の募集要項です!

■日時■

2018年2月10日(土)13:00〜17:30

 

■場所■

東京・虎ノ門「B-Techジャパン・東京スタジオ

(最寄り駅:虎ノ門、霞が関、内幸町の各駅)

 

■ピアノ■

ベーゼンドルファー・インペリアル

 

■募集人数■

幹事(大竹)も含め最大8名

 

■おひとり当たりの持ち時間■

4時間30分(270分)÷8 ≒ 約"33分"です。

お互いに譲り合って、なるべく均等になるようご協力をお願いします。

 

■参加料金■

8名参加の場合、おひとり税込1,080円(8,640円÷8名)

参加料金は当日清算です、幹事までお渡しください。

釣銭が発生しないようにご協力をお願いします。

 

■持ち物■

楽譜、飲み物、参加料金をお持ちください。

 

■FAQ■

 

Q:わたし、ピアノが下手なんですけど・・・

A:キャリアは問いません、ピアノが好きであればぜひぜひ!

 

Q:クラシックのことはわからなくて・・・

A:ポピュラー、ゲーム、映画音楽など、なんでも大歓迎です。クラシックでも、そうでなくても、ピアノを愛する心があれば、ジャンルは問いません!

 

Q:先のスケジュールがまだわからなくて・・・

A:わからなくとも、「参加したい!」と思っていらっしゃるのであれば受け付けます。もし当日、予定が入ってしまったらご一報くだされば大丈夫です。"とりあえず"の意思表示だけでも大歓迎です。

 

Q:人とコミュニケーションを取るのが苦手で・・・

A:少なくとも、このブログを見てくださってる方は、優しい方々ばかりですのでご安心ください。実際に幹事も大人数が苦手なので、8名という人数に設定したのです。少人数でまったり過ごしましょうね!

 

■幹事までの連絡先■

 

ohtake1110★gmail.com

(大竹真人宛。★をアットマークに変えてください)

疑問質問・ファンレターなどお待ちしています!

 

----------------

 

■募集開始日時■

 

2018年1月6日(土)10:00よりメールにて受付

 

どうぞよろしくお願いします(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

参加者が集まりますように!と、サンタクロースさんにお願いしておきます(笑)

 

追記:12月17日(日)のサンデー・ローズはお休みします。

   この記事を置いておいて、人が集まるように祈ります!(^◇^)

author:大竹真人, category:日常, 15:55
comments(4), -
ジャン=イヴ・ティボーデ(Pf)のサン=サーンス「ピアノ協奏曲第5番」

 ここはピアノのブログなので、誰が何と言おうとピアノのブログなので、たまにはピアノの話を聞いてくれたまえよ。昨日の夜7時から、NHK交響楽団の定期演奏会がラジオで生中継されました。メインはストラヴィンスキーの「火の鳥(1910年版)」だったのですが、前半のジャン=イヴ・ティボーデ(Jean-Yves Thibaudet)のピアノ独奏(指揮はシャルル・デュトワ)による、サン=サーンスの5番のコンチェルトが素晴らしすぎてムネアツでした。

 

 この曲、私がまだ新日本フィルの定期会員だったころにナマで聴いたことがありますが、ピアニスティックでかっこよすぎる曲です。感動したので、YouTubeでまた聴こうかなぁと思っていたら、昨日のソリスト、ティボーデさんの演奏でこの曲があったので、お暇な方へ向けてこの動画をご紹介します。

 

 

 30分弱ある演奏時間ですが、お暇な方は、ながら聴きでいいので最後までぜひ聴いてみてください。第2楽章のエジプト風な響きとか、第3楽章のフィナーレのあっけらかん具合など、どれをとっても秀逸です(笑)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 09:10
comments(2), -
祝・大竹真人生誕36周年&ブログ生誕4周年!

おおたけは レベル36になった!

イオナズンを おぼえた!

おめでとう! かのじょいないれき = ねんれい!

 

 もう30代も後半になってしまうました(-_-) アラ40ということになってしまうました。無駄に年だけ取ってる感じがしますが、無事に働けて、無事にピアノが弾けて、コンクールで賞も頂けるのですから、少しは成長したのではないでしょうか・・・と、自分で自分を慰めています。略して自慰です( ゚Д゚)

 

 さて、誕生日恒例、最初にアップロードした4年前の動画と、今現在を比べてみるコーナーです。まずは4年前の、記念すべき動画番号0001をどうぞ!

 

 

↑「もうやめて!とっくに大竹氏のライフは0よ!」( ;∀;)

 

↓そして 4ねんのつきひが たった!

(てーれーれってっ てーれーれー)

 

 

 なんかね、この4年後の動画、とても気に入っていて(笑)、繰り返しの後の演奏がとても好き。気分が高揚してるなぁという感じが演奏に表れていて、あぁ、手や腕の使い方というか弾き方はなってないかもしれないけど、演奏はレベルアップしてるなぁと思うのです。惜しいのは、ピアノの上に「みーちゃん(2・3年くらい前?によく登場していた猫のぬいぐるみ)」を乗せるの忘れちゃったことですね。今でもみーちゃんは私のお友達です('Д')

 

 というわけで、36歳になっても、ブログが4周年を迎えても、これからも変わらずに生きていこうと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

 

追記:

 

 11月12日(日)のサンデー・ローズもお休みします。というかしました( ゚Д゚) この記事しばらく残しておいて、誕生日を祝ってほしくってね。いくつになっても祝ってくださるのは嬉しいですから、もしお暇があれば、心の中でもいいので、「おめでとう」って(^^♪

author:大竹真人, category:日常, 21:18
comments(20), -