RSS | ATOM | SEARCH
ただいま更新停止中Zzz...

 11月10日に帰ります。

 必ずまたお会いしましょう!

 

 

 

 私のようなちっぽけな命でも、

 誰かのお役に立てれば・・・

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 00:00
comments(6), -
しばらく更新停止のお知らせ

 とうとうこの時が来てしまった・・・

 

■経緯■

 昨日(6月29日)、ファイナンシャルプランニング(FP)技能士2級試験の合格発表がありまして、無事に合格を確認しました。今後はさらに上を目指して勉強に励みますが、これ以上となるとさすがに独学では無理だと感じ、専門学校のお世話になることになりました。よって、しばらくの期間、更新を停止し、勉強一本に集中することに決めました。

 

 FP技能士3級 → 同2級

 ここまでは独学で無事に来られました。

 今後は、

 AFP → CFP → FP技能士1級

 という道を進みます。

 

■仕事■

 ご存じの通り、大竹は身体を壊して静養しています。身体を壊した原因がよくわからないのですが、これ以上休んで職場に迷惑をかけるわけにもいかず、思い切って今月付で退職しました。でも、夢や目標があるので気持ちは晴れ晴れです。よくやったと言いたいです。

 

■名前■

 「大竹真人のピアノピア」・・・ピアノピア"Pianopia"とは、ピアノ"Piano"と、「理想郷」を意味する"Utopia"を合わせた造語です。大竹はピアノを通して、自身の理想とする人生を歩みたいと思い、この名前を付けました。そして、その理想は達成されました。何より大切な仲間ができ、コンクールで賞をいただき、就職もかない、雑誌の表紙やインタビューなどのお仕事もさせて頂き、精神障害者としては大成功の人生を送って来られました。今後は現状を維持しつつ、新たな夢・目標に向けて前に進もうと思います。ここまで前向きになれたのは、日々応援して頂いている皆さまのおかげです。厚く御礼申し上げます。

 

■友達■

 しばらく更新停止しますが、ブログなどを通じて知り合った皆さまとは、弾き合い会にお誘い頂いたり、こちらから誘ったりしています。それには滞りなく参加しますので、皆さまどうぞよろしくお願いします。実際にはお会いしたことのない皆さまのことも忘れていません。皆さまとはずっと仲間でいたいです。

 

■帰還■

 「無期限更新停止」というのは性に合わないので、期間を決めます。次回の更新日時は、平成30年11月10日(土)・・・大竹の誕生日であり、そしてCFP試験の前日・・・の予定です。しばらくの間、お元気で・・・

 

■目標■

 最後に・・・健常者の皆さまも何となく想像がつくかもしれませんが、「障害者が働く」ということがいかに社会的に困難で、認知されていないかを感じられると思います。ですが、大竹は諦めたくありません。必ずどこかで私を必要としてくれる人が、あるいは企業があると念じ、私のように社会の底辺で生きているような人間のお役に立てれば、と願わずにはいられません。もちろん、ただ単に願うだけでは足りず、そうなれる人材になるために今のうちから努力するのです。今更なのかもしれませんが、何を始めるにも遅いことはないと信じ、努力して参ります。どうぞ応援をよろしくお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 09:15
comments(12), -
My Best of Chopin(24の前奏曲の第3番ト長調・作品28-3)

 

 ショパンコンクールでの、チョ・ソンジンの演奏です。

 

 この曲は、「さぁ、冒険の旅に出かけよう!」

 と名付けたくなるくらい明るく爽やかです。

 私の中でショパンと言えばこの曲です。

 

 なぜ「雨だれ」と「太田胃散」ばかりに

 スポットライトが当たるんだろうか?

 この曲こそ、"My Best"です!(`・ω・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 18:09
comments(4), -
サンデー・ローズVol.186

186.JPG

 

 ↑「レイニーブルー」・・・今日の千葉県は晴れていますが、梅雨にふさわしい、大人チックな色合いをしたキレイで大きなバラですね。

 

 マイベストオブショパン、もちろん「ギャロップ・マルキ」ではなく、今週にその1曲をご紹介します。でもまぁ、「ショパン通」、略して「ぱんつ」の方々に言わせると、バラード4番、舟歌、チェロソナタあたりに人気が集まるらしいのですが、そこは統合失調症の大竹氏、そんなメジャーな曲を差し置いて、敢えてこの曲を挙げたい!というわけでもうちょっ待ってね。

 

 おかげさまで、キモい身体は治りませんが、外に出られるくらいに体調は回復しました。身体はキモくても、心だけは綺麗でいたいなぁ!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 14:53
comments(2), -
ウルトラセブンと統合失調症作曲家

M1750021.JPG

 

 シューマンびいきの私としては、ウルトラセブンこそ特撮の至高だと思っています。シューマン好きには有名ですが、ウルトラセブンの最終回で、シューマンのピアノ協奏曲が使われています。前々から何故だろう、と思っていたのですが、思いがけずに(最近ブログに登場されない)ぽけっと先生(きっとムジカノーヴァの連載でお忙しいのでしょう笑)から図書を紹介して頂き、貸していただけることになりました。いま読書中ですが、ウルトラセブン愛にあふれる内容で俺は嬉しい。エレキングもメトロン星人もガッツ星人もキングジョーも天国で喜んでいるだろう!( ;∀;)

 

参考↓

 

「ウルトラセブンとシューマンのピアノ協奏曲イ短調」(動画)

https://www.youtube.com/watch?v=J01fJwYSAsE

 

 ちなみに補足ですけど、前にご紹介しましたが、「帰ってきたウルトラマン」の主題歌を作曲したのが、ドラゴンクエストのすぎやまこういち先生で、その歌い手だった団次郎(だん・じろう)さんは後に、アニメ「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」で、再びすきやま先生とのコンビで主題歌を歌っています。そう、実はウルトラシリーズとドラクエシリーズは繋がっていたのであるッ!(なんだってー!!?)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 10:25
comments(2), -
サンデー・ローズVol.185

185.JPG

 

 バラの回廊・・・。

 

 最近、「ピアノピア」とは名ばかりの俺ブログに成り下がってしまいました。そろそろ私も本気出してピアノのことを語っていきませんが、「マイ・ベスト・オブ・ショパン」、これだけはハッキリさせておきたい!ピアノの詩人の真髄がこの曲には表れていると思うんだ。けど、「なんでそんなマイナーな曲を?」と疑問視されることが悲しいです(^q^)

 

 もちろん「ギャロップ・マルキ」ではありません(゚∀゚)

 

 ↑リストの「半音階的大ギャロップ」を凌駕するギャロップと言えよう!

 

 いかん、久々にピアノの話をしてカラータイマーが・・・Zzz...

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 15:22
comments(0), -
ドラゴンクエスト2「Love Song 探して」特集!

 ドラクエ2の、いやドラクエシリーズを通して、有名であり名曲である「Love Song 探して」。私も演奏しました(ショボいです( ;∀;)が、この曲の魅力を存分に引き出している神々たちの演奏をご紹介します。

 

 

↑まずは原曲。ドラクエ2をプレイすると、まずこの曲を延々と聴くことになります。

 

 

↑オーケストラ版になると、弦楽器のピッツィカートだけの演奏になります。

 

 

↑オフィシャルスコアアルバムから(かな?)。

 

 

↑モンバーバラの姉妹ならぬマリンバの姉妹とでもいいましょうか、彼女たちのマリンバはいつ聴いても飽きませんね。

 

 

↑実はこの動画をご紹介したくてね。調べてみたら、ドラゴンクエスト2発売よりも、こちらの歌の方が先に発売されていたという事実。

 

 Love Song 探して:1987年1月21日発売

 ドラゴンクエスト2:同1月26日発売

 

 この歌、当時から売れていたんだろうか、記憶にさっぱりありませんが、動画の再生回数が50万を超えてて、こうしてテレビにも出てるってことは、やはりそれなりの知名度はあったのでしょう。ちなみに、歌っている牧野アンナさんは、現在、沖縄アクターズスクールで講師をされています。今でもたまにテレビに出ていたり、雑誌に寄稿文が掲載されていたり。安室奈美恵さんのそばにいた人物として・・・。

 

 初演(?)から30年以上経った今でも、こうして愛してくれる方々がいる。その事実だけで、ドラゴンクエストで育ってきた私は涙が出ます。これからも愛していきましょうね(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:日常, 06:54
comments(4), -
サンデー・ローズVol.184

184.JPG

 

 サンデー・ローズVol.184・・・いやよ(184)ですかね。昭和56年生まれの私の世代では、「いやよ」といったらキューティーハニーなんですけどね(゚∀゚)

 

 バラは・・・なんか札が黄金で凄いんですが、なんか特別なバラなんですかね。「ラ エスカリエ ショウゴ エレガン」だそうです。その下は・・・長いんですがちょっと転載してみます。

 

 ショウゴ エレガン(Shogo ELEGANT)は「美をつむぎだす手を持つ人」と評される。華道家・假屋崎省吾さんに捧げられた切り花用品種のバラで、優雅な大輪の華を咲かせ、花保ちが非常に優れたバラであるため、長い間楽しめることができます。

 エレガンはフランス語で「優美」を意味し、斬新かつ華麗な世界観を表現する假屋崎氏の作品のように、美しくもどこか神秘的な雰囲気のある魅力的なバラです。

 バラの植樹を記念して、庭園を見渡せるこの階段(エスカリエ)を「ラ エスカリエ ショウゴ エレガン」と名付けました。

 

 な、なるほど、札の下の白いのは階段だったのか・・・疲れた、転載するの( ;∀;) こんなに頑張ったら病気が悪化するじゃあないかッ!(´_ゝ`)

 

 

 

 心を強く持て、必ず治る!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

author:大竹真人, category:サンデー・ローズ, 17:10
comments(2), -