ピティナの経費で飯を喰らふ!「ステップ参加者兼任スタッフ」の裏話を語る・後編

【はじめに】

 先週の記事に引き続き、2月9日(日)に行われた「千葉白井地区・冬季ステップ」での、参加者兼任スタッフとしての大竹氏の一触即発の一発必中の一糸乱れた大活躍を記したいと存じます。


【この美しいフォルム】

 美しい…。ファイナルファンタジーに出てくる飛空艇も、大体こんなフォルムしてますよね(笑) ちなみに、フォルム(forme)とはフランス語で「形・形状」を意味します。トリビアでした。

 

【アクシデント発生】

 この写真だけではアクシデントの意味がわからないと思うのですが、ピアノを弾こうとしたまさにその瞬間、なぜか左手の親指から血が噴き出してて;つД`) おかげさまで弾き始めに動揺してメチャクチャしてしまうました(´;ω;`)ウゥゥ 写真だけではわからないところが惜しい、この写真は血が治まって帰りの電車の中で撮ったものなので、血の吹き出し具合がわからないところが惜しい! 大竹氏は演奏しながら「この血がベーゼンに付いたら大ごとだよなぁスタッフとして…っていうか弁償とかになったら俺は絶対に払えんぞ…ベーゼンのModel225っしょ?Model200が1,200万+税であることはビーテックで確認済みだから…まぁ1,500万+税は下らないよなぁ…道頓堀からダイブして死ぬかな…いや、あそこじゃ死ねないな(笑)ぷーくすくす」とかなんとか考えながら弾いてたので、ホント滅茶苦茶です。こうご期待!w

 

【ピティナ飯&お〜いお茶(春仕様)】

 神様仏様ピティナ様、この哀れな障害者にお恵みをくださってありがとうございます! お茶もご飯もピティナの経費! 大竹氏は一銭も払っていませんっていうか払わないぞ!(`・ω・´)

 

【う、うまかった\(^o^)/】

 なんとバラィエティに富んでいることでしょう。ちなみに、オレンジ色したドラゴンボールみたいな和菓子、んまかった!

 

【おみやげ】

 これも神様仏様稲尾様ピティナ様の経費ですよね? こっ、この、哀れな、障害者に…タダでご飯とお茶とお菓子いただけて…いやタダっていうかピティナ様のお恵みなんですけど、ついでに参加料金も恵んでくださいませんか?(゚∀゚)

 

【嬉しかったこと】

 かわいい幼女たんがいっぱい参加してくれたこと(^q^) おっさんになっても見境ありませんな!(*´Д`)

 

【ハプニング】

 緊張した幼女たんが、舞台に乗る直前で泣き崩れてしまって、3分ほど中断してしまったこと。まぁこんなこともありますよね。そこは、幼女の扱いにお詳しい大竹氏…ではなく、優しいお姉さんスタッフにお任せしました。でも、その幼女たんも舞台に乗れば上手でしたよ。演奏の抑揚とか大竹氏以上だと思ったよ。これからも応援してる!

 

【終わりに】

 終わります。動画は引っ張る(;^ω^) 演奏動画は「♪ ゲーム音楽が弾きたくて ♪」カテゴリーに入れたいので、この記事は「日常」カテゴリーに入れておきます。

 

【おまけ】

 2月22日は「猫の日」だそうですね。室温がちょうど22.2度という奇跡的な数字を叩き出したので、22秒の時に写真をパチリ。2020年(令和2年)ですね。ちなみに、ステップで演奏したFF7の「花火に消された言葉」は、"2長調"です(笑)

 

参加者兼任スタッフご報告 〜終〜

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ステップ終了!「参加者兼任スタッフ」としてのステップ裏話みたいなことを綴る・前編

【はじめに】

 先週の日曜(2月9日)、無事にステップが終わりました。先週の記事にも書いた通り、「参加者兼任スタッフ」として、八面六臂の五臓六腑の七転八倒の大活躍をしたつもりです。主催者であるピティナ様、千葉県白井市のステーション代表である我が師匠の安倍美穂先生、私を除いても10名を超えるスタッフの皆さま、アドバイザーの先生方、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

【2週に渡って、写真をメインに】

 スタッフ権限で写真撮りまくり、動画撮りまくり、まぁ好き勝手にやらせていただきました(笑) 「ステップよもやま話」など、色々とお話しできますが、守秘義務もありますので、写真をメインに公開したいと存じます。ですが、ご安心ください。参加者やお客様や、私以外のスタッフの方々の顔写真などは映っていませんので、ステップの裏側の写真を公開いたします。

 

【スタッフ証】

「これをすてるなんて とんでもない!」

 

【イス並べ係】

 力仕事は私に。無事に設置完了!

 

【ピアノはベーゼン・セミコンサート】

 "Model225"です。調律完了!

 

【黒鍵盤は4つ】

 左の4つの鍵盤が拡張されています。

 更に左にうっすらとマドハンドが!

 

【中はこんな感じ】

 

【おわりに 〜 動画は来週に】

 え、もう終わり?

 ハイ、終わります。

 写真がメインですので(笑)

 来週に動画をアップロードしますね。

 

【おまけ 〜 我が師匠作曲のピアノ独奏曲を、エリーゼ音楽祭・本選審査員の菊池裕介先生が本気を出して弾くとこうなる】

 ↑サムネイルw

 

 我が師匠は、ピアニストとしても素晴らしいですが、作曲の分野で著名な方です。この曲のタイトルは、組曲「勇者の物語」より第2曲「試練」、といいますが、昨年のピティナコンペティションの課題曲になったとのことで、模範演奏として、ドラゴンクエスト好きとして有名な菊池裕介先生が弾かれています。「師匠がロールプレイングゲームの戦闘曲を書いたらこうなりました」的な位置づけの曲で、難易度はブルグミュラー25の練習曲程度です。師匠も凄いけど、渾身の想いで弾かれている菊池先生も凄い。エリーゼでは予選・本選とも大変お世話になりました!

 

 来週へ続く(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

本日はピティナ・ステップ!FINAL FANTASY 7より「花火に消された言葉」を演奏します!

【はじめに】

 このブログを開いて、一番上に「大竹真人のピアノピア 〜 ゲーム音楽が弾きたくて」って書いてあるその下に、「2月9日(日):ピティナステップにて、FINAL FANTASY 7より「花火に消された言葉」を演奏します!」と書いてありますが、とうとうこの日がやってきました。やってきてしまうました( ;∀;)

 

【先週は特別ピアノレッスンでした】

 このブログの自己紹介ページには、「安倍美穂、小原久幸の諸氏に師事」と書いていますが、メインは安倍先生(←久々にページ見て驚いたんですけど、銀座の山野楽器本店でステップの審査員をされるんですか?w 相変わらず凄い人だわ…(;´Д`) で、特別レッスンのときに小原先生(ホント、しょっちゅう東京&大阪のビーテックで講座を開いていますよね〜、凄い経歴をお持ちなのに、それをほとんど書かないし、相変わらず凄い人だわ…(;´Д`) に、見ていただいています。特別ピアノレッスンでした。

 

【レッスンの内容(写真)】

 えっと、これはなんのレッスンですか?www もちろん右のページですよ。2020年2月1日(土)ですから、先週の土曜日ですね。ここに書いてある愛情とは、「誰誰を好きになったんですけど、どうしたらいいですか?」的な次元のものではなく、親の愛、子の愛・・・私が親に抱いている恩義について、色々と語らせていただきました。そこで小原先生が書かれたのがこのお言葉。でもこれって、そっくり恋愛にも当てはまりますよね。反省しなくっちゃ(;^ω^)

 

【「ピアノよりも大切なことがある」】

 このお言葉、小原先生に以前言われたことがあります。ピアノの先生は、「ピアノを教えてハイお終い」、じゃぁないんですよ。私もそう思います。そんな先生に習わなくて良かったと心から思います。安倍先生からも、小原先生からも、ピアノに限らず色々なことを学ばせていただいています。ここ2年ほど、とにかく時間がなくてレッスンにも行けなかったけど、たまにお会いしては音楽談義・人生談義をしておりました。お二方にはとにかく感謝しております。

 

【あ、ドラゴンクエストの話】

 ちなみに↑左ページの一番上「よし!行くぞ→↑」みたいなことが書いてありますけど、これ、以前に私がステップで弾いた、ドラゴンクエスト2の「Love Song 探して」について語った言葉ですw

 

【で、ファイナルファンタジーの話】

 今回の「花火に消された言葉」は、主人公とヒロインが夜の遊園地でデートするときの曲ですから、そこに無償の愛を込めて弾くわけですよ。ニ長調っていう調性がいいねこの曲。手持ちの楽譜も確認したけど、そのヒロインである「エアリスのテーマ」もニ長調ですよ。これは作曲者の植松伸夫さん、「狙いましたね?」って感じですよね。クラシックで言うと、エルガーの「愛の挨拶」もニ長調です。「ニ長調=愛」ですよ。愛を込めて弾きます。

 

【キリがないので終わります(笑)】

 とにかく、これから数時間後には弾き終えているので、早く仕事を終えて、お弁当とおーいお茶とお菓子を食べたいっす。はい、参加者兼スタッフですので(笑) ピティナの経費でご飯いただきますのでwww スタッフ業務も頑張ります!あー緊張する!行ってきます!次週に動画をアップロードしま〜す!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア・全FF大投票の中間発表を音楽面から考える

【歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア】

 1月27日に友人からメールがあり、この番組を教えてくださいました。もし教えていただけなかったら知らないままだったことでしょう。ありがとうございます!この番組、ファイナルファンタジーの30余年の歴史を50分に纏めた番組なのですが、ご覧になっていない方も大丈夫です、再放送があります!ぜひご覧になってください(^^♪

 

  • [NHK総合]2020年2月6日(木)午前1時45分〜2時34分
  • [BSプレミアム]2020年2月8日(土)午前0時30分〜1時19分

 

【全ファイナルファンタジー大投票のお知らせ】

 https://www.nhk.or.jp/anime/ff/

 こちらに詳しく載っていますが、この投票の結果が、2020年2月29日(土)に、NHK-BSプレミアムにて放送されるとのことです。大竹氏はまだ投票していませんが、まだ投票締切りまで時間があるので、じっくり考えることにします(笑)

 

【中間結果の音楽ランキングを1曲ずつ】

 最初に書いた「歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の番組の締めは、音楽ランキングを発表し、1曲1曲のサビの部分が流れて番組が終了したのですが、「選ばれて当然だよな」とか「もっと順位が高くてもよくね?」とか「え!この曲がランクインしたの?」とか、色々な想いがありますので、大竹氏的目線で音楽ランキングを1曲ずつ考えていきます。Youtubeを貼り付けまくるので重くなりますが、平にご容赦願いたいと存じます。

 

【第10位:メインテーマ(FF1ほか)】

 敢えて4を持ってきました。異論はあると思いますがお許し願います!親友の竜騎士カインと共にバロン城を出るときに流れるこのオープニング、そして物語の最後、凶悪なラスボスを目の前にして為す術がない主人公セシルを救った仲間たちの友情シーン。私にとってのFFメインテーマといったら、やっぱり4なんですよ。皆さまはいかがでしょうか?

 

【第9位:更に闘う者達(FF7)】

 FF7のボス戦。これは文句ないでしょう。前作6の「決戦」では1分も満たないうちに曲がループしちゃう短い曲だったことを反省したせいかw、この7では1分を超える"前奏"をぶつけてきました(笑)とにかくノリノリで戦闘できる曲。個人的には次作8の「Force your way」も捨てがたいのですが、人気面からいえばこちらの方が上であることは、FFファンなら納得ですね。

 

【第8位:Melodies Of Life(FF9)】

 お友達のK子さんが大好きな曲。彼女の永遠のレパートリーですね。とあるコンサートで彼女がピアノで弾くこの曲を、私はボロ泣きしながら聴いていました。隣に座っていたMちゃんは、そんな私を横で見てどう思っただろうか?FFファンなら泣けるんだよ。この動画、Melodies Of Lifeが終わった後に、10位のFFメインテーマがオーケストラで流れますが、かっこいいですね。

 

【第7位:エアリスのテーマ(FF7)】

 そのお友達のK子さんが「そんなに好きじゃない」って言ってた曲(笑) 個人的にこの順位は意外。もっと"低い"と思ってた。FF7の音楽のコンセプトとして、「グラフィック性能が向上し、画面が"語る"ので、音楽は1歩引いた位置で」というものがあるので、この少し地味な音楽を評価してるファンが多いことを知り、驚きと共に嬉しかったです。ちなみに私は好きですよw

 

【第6位:片翼の天使(FF7)】

 FF7のラスボス。この順位も意外。もっと"高い"と思っていた。「題名のない音楽会」で、作曲者自身が「最も心に残っている曲・第1位」にこの曲を挙げていましたね。カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ(さすが小澤征爾!)」の歌詞を引用し、合唱付きでラスボスと戦う超実験的音楽。この時にバスパートを歌っていたひとりが、のちにFF10や13を作曲することになるとは、誰が想像できたでしょうか。

 

【第5位:Eyes On Me(FF8)】

 動画を貼り付けるとき、1個1個きちんと確認してるのですが、この動画を聴きながら&字幕を観た今、大竹氏号泣しております(´;ω;`)ウゥゥ FF8発売当初、CMでこの曲が頻繁に流れていましたね。K子さんにも言いましたっけ、私はこの曲があったから大学受験を乗り越えることができた、と。アルバムCD持ってたのにきちんとシングルCDも買いましたから!(笑)

 

【第4位:閃光(FF13)】

 これが超意外。前述の第6位の「片翼の天使」バスパートを歌ってたひとりが書いた曲です。曲自体にケチはつけられないけど、サビにバイオリンソロを持ってくるところは、彼が以前担当したアンリミテッドサガの「バトルテーマEX」などで既に使ったアイデアだし、この第4位「閃光」の姉妹作である「ライトニングのテーマ」の方が曲の出来としては上だと思うのですが、どうなんでしょう?

 

【まとめ】

 想いを語ると長くなるので、それこそFFファン同士なら「いや、俺は・あたしはこう思う!」とか「この曲はもっと評価されるべき!」とかw、色々あると思います。ぜひ、色々なご意見を頂戴できればと存じます!記事の最初の方にも書きましたが、これは中間結果なので、最終結果は本放送を待ちましょう。楽しみです!(^^♪

 

【おまけ:ライトニングのテーマ(FF13)】

 うーん、どうしても、ちょっと、と思っちゃうので、第4位「閃光」を聴いて、こっちも聴いてみてください。大竹氏、初めてこの曲を聴いたとき、脆くて、儚くて、でもどこか力強くて、何より美しすぎて、大号泣したことがありました。作曲者の大ファンで、今から21年前の「サガフロンティア2」のころから追いかけていたので、やっぱり天才なんだなぁ、凄い人だなぁ、って思った。そうか、もうあれから21年経つのか。いつまで経っても、想い出は永遠ですね(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ