キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 合格しますた!

 

【休ませてくだちぃw】

 よくやったσ(゚∀゚ )オレ!

 これで4月から、

 本格的に就活できます。

 が、コロナウイルスのせいで、

 就活業界は瀕死状態(笑)

 負けないぞ! 負けないぞ!(`・ω・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

サンデー・ローズVol.191

 

【サンデー・ローズ、ってなに?】

 当ブログを古くからご愛顧くださってる方々ならご存じですが、説明すると、毎週日曜のブログ更新時に、千葉県八千代(やちよ)市にある「京成バラ園」に植えられているバラの写真をアップして、それを愛でつつ「あーだこーだ」と無関係のことを語る、というコーナーです。コーナーでしたw

 

【ベルサイユのばら】

 大竹氏は一時期、「ベルサイユのばら」と宝塚歌劇団にハマっていました。特に2015年は、年間の本公演全10本を東京宝塚劇場で観劇し尽くしたので、そんな想い出も書いてましたね。凰稀かなめさん主演の「ベルばら」、よくチケット当たったもんだなぁと、いま振り返ってもそう思います。

 

【サンデー・ローズの変遷】

 はじめは「ベルサイユのばら」について語るコーナーになり、途中からネタが尽きて宝塚歌劇を語るコーナーになり、咲妃みゆちゃんが辞めて宝塚からすっかり離れたいま、サンデー・ローズも鳴りを潜めてw まぁでも、節目の200回まであとちょっとですから、必ず完走しますよ!

 

【咲妃みゆちゃんってこんな子】

 

 

 大竹氏の永遠の想い人です。なんて書くから「めんくい」って思われるんですけど、彼女はホントに心が綺麗なんですぅ( ;∀;) 彼女の芝居はナマで観劇しまくりましたが、「ローマの休日」のラストの記者会見のシーンで(大竹氏が、いや、赤坂Actシアター全観客が)号泣した想い出は今でも忘れません。忘れるものか。ありがとう、ゆうみちゃん。いつまでも幸せでいてくださいね。

 

【おわりに】

 〆ます。そういうコーナーなんです(笑) Vol.200まで必ず完走します。というわけで、28日(土)はMicrosoft Office Specialist(MOS) Excel 2016の試験日です。「MOSなんて就活に役に立つの?」と思われるかもしれないけれど、大竹氏の経歴・職歴だと、「この人パソコン苦手なんじゃぁ?」と思われること請け合いなので、「そそそそんなことありません!Excelくらいチャチャっと使えますよ!」というアピールに、なればいいなぁ。あと1週間、頑張ります!(^^♪

 

【あー楽しい】

 たまに音楽と無関係な話をすると楽しいですね(笑)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

「フィギュアスケート」と「ゲーム音楽」

【はじめに】

 大竹氏、フィギュアスケートについては全然存じません(;^ω^) が、スケーターがどのような音楽を選ぶのかについては、にわかに気にしております。言い換えるなら、ショパンコンペティションに出場する方々の演奏には興味ないけど、どのメーカーのピアノを選ぶかについては興味ある、といいましょうか(笑) スタインウェイよりも日本産のヤマハやカワイを選んでやってくださいw

 

【なぜフィギュアの記事を?】

 この記事のタイトルは「フィギュアスケート」と「ゲーム音楽」です。日本人が例えばショパンのバラード1番やノクターン遺作(通称「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」)を選んだとして、私自身は「ふーん」と思ってしまうけれども、きっとポーランド人にとっては「よくぞ選んでくださった!」ともろ手を挙げて喜ぶところでしょう。遠い異国の人間が、自国の作曲家の曲を選んでくれる、このワクワク感は堪らないでしょう。なにせゲーム音楽に国境はありません。伊福部昭や黛敏郎や武満徹が束になってかかっても、「スーパーマリオブラザーズ」の知名度に比べたら天と地の開きがあると思っています。

 

 

【ゲームとスポーツ】

 4年前のリオデジャネイロ五輪の閉会式で、我が国の総理大臣がスーパーマリオのコスプレをして土管から登場するという、今でも信じられない演出がありましたが、それほどまでに世界から見る日本のゲームというものは素晴らしく、尊敬されるコンテンツであることは明らかです。

 

 

【フィギュアに戻ります】

 日本のゲームが素晴らしいことは説明するまでもありませんが、特に海外の若い世代には尊敬の念で見てくださっていて、海外サイトやYoutubeなどで色々な情報、演奏を披露なさっています。その中から以前、カナダの「ケヴィン・レイノルズ」という選手がゲーム音楽を使ってフィギュアを滑っていた、という情報を得ていました。彼はすでに引退していますが、フィギュアの時期になると彼のことを思い出します。

 

【クロノトリガー&クロノクロス】

 

 

 「遠い異国の人間が、自国の作曲家の曲を選んでくれる」・・・このカナダの若者が、日本のテレビゲームを選んで滑ってくれる。フィギュアスケートには興味がない私でも、この事実はとても嬉しいのです。ただ、↑ここで演奏されている曲は、2つのゲームの美味しいとこ取りで、継ぎはぎだらけで、お世辞にも良い演奏とも(そして良い滑りとも)言い難い出来であることは否めませんが、彼が大人になった今でも、子どもの頃のテレビゲームを忘れずに愛してくれている。フィギュアスケートを通して、日本のゲーム音楽の良さを世界に広めてくれている。ゲーム音楽ファンとして、これほど嬉しいことはありません。引退した彼が現在、どのような生活をされているのかは存じませんが、変わらずに日本を愛してくれたら、と思っています。

 

【誤解を恐れずに申し上げます】

 「ゲームは悪影響を与える」とか、「ゲーム脳」とか、ひどい誤解だと思います。本気でゲームに取り組めば、そんなことは口が裂けても言えない。ゲームがあったから私はこうしてピアノをはじめ、こうして多くの友達に恵まれ、こうしてブログを運営しています。すべてのゲームに「ありがとう」と言いたいです。

 

【おわりに】

 私は現在、親の介護もあるし、知的障害の妹の面倒も見てるし、就職活動もしなければならないし、自身の病気とも戦わなければならない、不安な日々を過ごしております。それでも、どんなに辛かろうとも、ゲームからもらった想い出を忘れず、そして世界中で私と同じようにゲームを愛してくれる人間がいることを忘れず、これからもゲーム音楽を弾きたいと思っています。なかなか練習する時間はありませんが、ピアノは逃げませんから・・・

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

[演奏動画]ファイナルファンタジー7より「花火に消された言葉」

 

【動画で語る男】

 例によって「動画で語る男」です。

 ピアノの音色だけを、

 お楽しみくださいね!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ